Works

Hugハウス ダイニング

ギュッと魅力のつまったダイニング。

南東角の窓からは、遊歩道の緑が目に飛び込んできます。
そして窓辺には飾り棚を設けました。

冬の寒い夜にはダイニングテーブルからペレットストーブの炎も楽しめます。

木製のガラス引き戸を開けると、
テラスデッキにつながります。
部屋の中と外をつなげることで、
実際の部屋の大きさよりもかなり広く感じるようになります。

 

天井と床は杉板張り、
壁は薩摩中霧島壁という、
シラス台地の土を使った左官仕上げです。

このページのトップへ