ブログ

休日

結婚記念日だったので仕事を休んで
妻と二人、上野近辺に出かけました。

まずは墨田区文花にあるカレー屋さんsupice cafe へ

以前に「東京カフェ散歩」という本で紹介されているのを見て
行ってみたいと思っていたお店です。
店主のこだわりがすごくて、
本によると「毎年2月にはお店を休みにして、
海外に料理研修に出かけている」とありました。

緑に包まれたアプローチ。

これも本によると、建物は木造アパートを店主自ら
半年かけて改修したそうです。

この日は雨でしたが、薄暗い店内から眺める
雨の降る庭の緑がきれいで、とても落ち着く空間でした。

カレーの味はとてもスパイシーですが、
辛さもほどよくて、本当に美味しかったです!
お店の方たちの応対も自然な感じがよくて、
「こんなお店が近くにあったらなあ」と思いました。

その後上野の森美術館で開催中のゴッホ展へ行きました。
雨でしたがたくさんのお客さんでにぎわっていました。

展覧会はゴッホの絵だけではなくて、
ゴッホが影響を受けてきた画家たちの絵も展示されています。
様々な画家たちとの出会いの中で、
ゴッホの絵が変化していく様子が感じられて、
非常に面白い展覧会でした。
1月13日まで開催されているようです。
おすすめです!

ペレット工場見学 炎のある暮らしのお知らせ

我が家のペレットストーブは
岐阜県下呂市に社屋と工場のある
シモタニさんのコンコードオルコットという機種です。
以前から工場見学にお邪魔したいと考えていて、
大阪帰省の帰りに見学させてもらいました。

組み立て途中のコンコードオルコットがたくさん!
一つ一つ手作業で組み立てて行くので、
1台当たり10時間ぐらいはかかるとのこと。

隣の部屋では燃焼実験が行われていました。
外観のデザインは十数年前からほとんど変わってないのですが
気密性を上げたり、ガラスにススが付きにくくなるよう工夫したり
毎年のように改良を加えながら作っているとのことでした。

いろいろとお話を伺って、
私のペレットストーブ愛が一層深まりました。(笑)

帰りに近くにある禅昌寺へ立ち寄りました。
山を背景に堂々とした存在感のあるお寺です。
境内には樹齢1300年の天然記念物の大杉があったり、
雪舟作の「大達磨」という水墨画があったり
見どころがたくさんあります。
特に心に残に残ったのが、裏山の地形をうまく使ったお庭。

急傾斜地に展開される庭が、
見ているこちらに迫ってくる感じで迫力がありました!

そしてイベントのお知らせです。
今回で5回目になりますが、カヅノキハウスでペレットストーブの体感会を行います。

ご興味のある方は是非ご参加下さい!
予約制です。申し込みは
0120-145-333 相羽建設株式会社までお願いします。
案内図をお送りします。

11月24日(日)あいらぼイベント「緑でつながる庭づくり」

今週末のイベントの紹介です。

あいらぼ建築家、にしお設計室の西尾春美さんのご自宅で
「緑でつながる庭づくり」というイベントを開催します。

西尾さんのご自宅は斜面地を活かした
建物と庭がとても素敵です!
いつもは春に行っているイベントですが、毎回盛況です。
庭づくりのこと、暮らしのことを
実際の庭やお家を体感しながら知ることができます。

ぜひ、ご参加いただければと思いまず!

お申込み・お問合わせは、相羽建設㈱ 0120-145-333
もしくは  mail@aibaeco.co.jp   へお願いたします。

subakoハウス 1年点検

subakoハウスの1年点検でした。

あすなろ建築工房の関尾さん、飯沼さん、堀さんが
全体をチェックしてくれました。

建て主さんからも直してほしいところ、
メンテナンス方法など質問があり、
一つ一つ確認していきます。

subakoハウスは公園の緑の中にあります。
窓から見える緑の風景はもちろん
公園で野球をする子たちや、隣の神社に集まるひとたちなど
緑を背景に垣間見る人々の様子も
楽しみながら暮らしているとのことでした。
そういうの「いいな~」と思います。

この眺め!

玄関のニッチ棚には、
すでに小さなクリスマスツリーが・・・!
桜の咲くころに完成写真の撮影をお願いしてきました。

kotaハウス 上棟!

本当に気持ちのいい秋空のもと
kotaハウスの上棟でした。

クレーンで材料をどんどん引き上げては
6人の大工さんが勢いよく組み上げて行きます。

SOYOハウスでもお世話になった
徳武さんが棟梁です!
3月末の完成予定まで、
またブログで紹介していきたいと思います。

夕方、野川の夕日もとてもきれいでした!

このページのトップへ