ブログ

板金工事は手作りの技?!

今日は日差しが暑いぐらいでしたね。
明日からは急に気温が下がるようで
みなさん体調には気をつけましょう。

うつろいハウスは外壁工事が進んでいます。

今回はガルバリウム鋼板と杉板張りの
2種類の外壁材を使っています。

ガルバリウム鋼板はこんなに長い板を搬入してきて
さらに現場で窓や屋根勾配にあわせてカットした後に
設置となります。

写真ではわからないと思いますが
段ボールの切れ端に、
現場で計測した建物の各所の寸法が書き込まれていて
それを見ながらガルバリウム鋼板に下書きをして
手でカットしていきます。

このような道具を使って
切ったり、曲げたり、伸ばしたり、たたいたり・・・。
一見硬くて冷たい鉄の板ですが、
よくよく見てみると、職人さん達の手の跡をうかがうことができます。

正面は杉板の上にリボスという木材保護塗料の
グレーを塗った仕上げになります。
写真の板は塗装を1回かけた状態で、
この後もう一度上から塗装します。

内部も進んでいます。

光の間はとてもかわいらしいスケール感の
部屋に仕上がってきています。

猫君たちの「うつろいルート」もばっちりです!

空に月ハウス 続報?!

先日のブログで
空に月ハウスの娘さんから送ってもらった
中秋の名月のお供えものの写真を紹介しましたが、
続報?!の写真が送られてきました。

東側の高窓から、
しっかり月が見えています!!

上棟式の時にちょうどこの窓から月が見えて
みんなで盛り上がったのですが、
季節も変わってちゃんと見えるのかな・・・と考えていたところでした。

設計時に綿密な計算を・・・
したわけではないのですが(笑)
きれいに月が顔を出してくれて良かったです!

ありがとうございました。

中秋の名月

朝晩すっかり肌寒くなってきましたね。
昨日は中秋の名月でしたが、
夏にお引渡しをした
「空に月ハウス」の娘さんから
このような写真が届きました。
(ありがとうございました!)

「空に月ハウス」だけに(?!)
お月見の準備はばっちりの様子。

すぐに我が家も真似をして(笑)
お団子を買いに・・・。

そして肝心のお月様は・・・。

少し雲がかかった感じも
素敵でしたね。

subakoハウス 現地測量

工務店さんとsubakoハウスの現地測量を行いました。

subakoハウスの敷地は、
周辺が緑に囲まれています。
そして平らな敷地ではなく、
高低差があるため、
今回はレベルの確認を行いました。

高さのデータとにらめっこしながら、
建物をうまく敷地に着地させたいと思います。

写真中央部付近には桜の木が・・・。

窓いっぱいの桜が楽しめるお家になる計画です!

 

うつろいハウス現場です。

うつろいハウス現場です。
内部のボード張りが進んでいます。

正面が出窓になっています。
この窓越しに緑の景色を楽しみたいと
建て主さんの希望で、大きなFIX窓になっています。
出窓両脇の壁部分に開き戸を設けて
そこから風を取り込みます。

浴室の壁のヒノキ板もとてもきれいです。

もうすぐ家具工事も始まり、
大工さんの工事は終盤を迎えています。
家具工事の中でも特にキッチンは
建て主さんのリクエストで、
これまで私が設計したことのなかった
アイランド型のキッチンになります!

このページのトップへ