ブログ

秋の空

いよいよ秋も深まってきましたが
みなさん楽しんでますか?

私は最近マラソン大会にむけて
夕方にジョギングすることが多く、
体で秋を感じています。

家の近くには
野川公園、武蔵野公園、武蔵野の森公園と
走って気持ちのいい場所がたくさんあります。

一日中机に向かって図面を描いていると
頭の中が疲れてぼーっとしてきます。
そんなときに秋の空気を吸い込んで
こんな景色の中を走ると、
脳みそが開放されるような・・・感じになります。

この季節、
夕日も本当にきれいで
思わず立ち止まって、スマホでパシャリ・・・。

domadeハウス 配筋検査

公園の樹木も色づいて
秋らしい景色が見られますね。

師走がそこまで来ているそんな中
domadeハウスは配筋検査でした。


H&A構造研究所の東條さんと
図面通りに配筋されているかを確認していきます。

とてもしっかり施工されていて、
東條さん曰く
「体重が重い私がのってもびくともしないくらい
しっかり鉄筋がくまれていましたね」とのこと(笑)


1階のウチドマ部分です。
こんな感じで斜めの平面形状。
この斜めが空間に効いてくるはず・・・。

左官壁 光と影に 見惚れます。

うつろいハウスも最終コーナーにさしかかってきました。

薩摩中霧島壁の左官仕上げです。

建て主さんご夫婦と職人さんで
細かく仕上げの風合いを確認しています。

ボードの上にどんどん材量を塗りつけていく職人さん・・・

左官仕上げがすすむのと同時に
室内にきれいな光のグラデーションがあらわれてきます。

本当に空間が生まれ変わる感じ。

猫君たちも、気に入ってくれるかな?

12月9日(土)10日(日)に
建て主さんのご厚意により
見学会を開催させていただくことになりました。

詳細は後日お知らせします。

相羽建設のホームページ
または相羽建設発行の「ainoha」
でも後日情報掲載を予定しています!

こみちハウス

新しい計画の紹介です。

今回の建て主さんは
お母さまとお姉さまが散歩途中に
Hugハウスをみかけられて、
「このお家素敵!」と感じていただけたことがきっかけでした。

その後ホームページでしまだ設計室を知っていただき
見学会にもきていただきました。
こういう出会いは設計者として、とても嬉しいです!

その後息子さんから建て替えのご相談をいただきました。
そして建て主さんご家族とお話しするなかで
「風の通りぬける家がいい」
「音や視線など含め、プライバシーは確保したいです」
といった言葉が印象に残りました。

この二つの要望は、家を計画するにあたって
とても重要なことだと思います。
開放性と閉鎖性・・・
このバランスがなかなか難しくもあり
うまくいけばとても心地いい空間がつくりだせます。

今回の敷地は駅から近く便利な場所ですが、
その分少し周辺が建て込んだ環境だったため、
建物の配置や形状によって決まってくる
庭やアプローチといった「余白」部分の計画が
特に重要になると感じました。

西日や隣家の方の通行が気になる敷地の西側、北側は閉じ気味にして、
視線の抜けが確保できる南東方向に開くかたちを考えました。

南東角にできるだけ「余白」を確保し
緑や風、光を取り入れるための庭を配置しました。

その庭と通りをアプローチの「こみち」でつないぐことで、
室内からだけでなく、家から出かけるとき、家に帰って来たとき、
また通りを歩く人からも、「こみち」越しに庭の緑の気配が
感じられる家になれば素敵かな・・・と考え
「こみちハウス」という名前にしました。

どんなお家になって行くかな・・・。
建て主さんご家族とじっくり
作り上げていきたいと思います。

 

 

なるほど住宅デザイン

先日エクスナレッジから出版された
「なるほど住宅デザイン」という書籍

いろいろな設計者の方の
家づくりの工夫が紹介されています。

この本の中で
しまだ設計室のカヅノキハウスと
ネストハウスの事例が掲載されています。

お手に取って見ていただけると嬉しいです!

昨年出版した
「読んで楽しい家づくりのなるほどディテール。」
と「なるほど」つながりですが、
これはただの偶然です(笑)。

このページのトップへ