ブログ

仕事納め

2017年も残すところ2日ですね。

しまだ設計室の仕事納めは
domadeハウスの現場でした。

domadeハウスはOMソーラー+太陽光発電の仕様です。
屋根面で暖められた空気を床下に送って、
床下のコンクリートを暖めつつ、
太陽光発電も行います。

それに薪ストーブも入り盛りだくさんです!
写真は屋根を煙突が貫通する部分です。

煙突も断熱されていますが、
それでもある程度は熱くなるため、
内部は不燃のボードで仕上げてもらっています。

昨日はdomadeハウスを施工してもらっている
相羽建設さんの餅つき大会に参加しました。

毎年参加させていただいていますが
これまで設計してきた建て主さんご家族や
以前にお世話になった大工さん、監督さん
など私にとって大切な、たくさんの方たちに
会える楽しい時間です。

寒い中早朝から準備して大変だと思いますが、
本当にすばらしいイベントだと思います!

このイベントに参加すると
「一年終わったなー」
という気持ちになれます。

しまだ設計室は1月4日まで冬休みとさせていただきます。
また来年もどうぞよろしくお願い致します。

良いお年をお迎えください!

クリスマスに貸し切り?!

クリスマスいかがお過ごしでしょうか。

カヅノキハウスのクリスマスです。

子どもたちも大きくなって・・・

ツリーの下にプレゼントを用意したり

クリスマスにワクワク、ソワソワすることもなくなりましたが

家の中にいろいろと飾りつけをして

ご馳走をつくって夜を楽しむ時間は

やっぱりなかなかいいですね!

そしておまけ・・・。

最近部活や塾で忙しい次男。
24日は午後から時間が空いたので
「卓球に行きたい!」と希望。

クリスマスイブの日に卓球?!
と思いましたが、
買い物とクリスマス料理準備の隙間時間に
近所の市の体育館へ行きました。

いつもは込み合っている体育館が・・・

貸し切り状態でした(笑)。

 

domadeハウス 屋根工事

domadeハウスの工事が進んでいます。

今回の定例打ち合わせには
薪ストーブの業者さんと
板金業者さんも同席してもらって
煙突周辺の納まりなどについて
細かく打ち合わせを行いました。

屋根葺き工事もはじまっています。

板金職人さん達は
冬は北風が寒いですし、
夏は金属屋根の照り返しで
かなり暑いでしょうし、
過酷な環境での作業になります。

そんな環境の中、
雨がもらないように
気を抜かず丁寧な仕事をやりきっている姿は
格好いいですし、感謝しています。

今日は冬至ですね。

職人さん達も
今晩はゆず湯であったまってるかな・・・。

週末は お引渡しと 炎のある暮らし

年の瀬も押しせまって来ましたね。

この週末は
うつろいハウスのお引渡しでした。

建て主さんとは
2016年2月にお問い合わせいただいたことをきっかけに
土地探しの段階からいろいろと話をしてきました。

2016年10月に敷地が決まってから
たくさん打ち合わせを重ねて、
今日のお引渡しの日を迎えました。

最初にお会いした後の建て主さんからのメールで

「雨なので部屋にこもって過ごそうと決めたのに
『雨がやんだ』というのを残念がる内容です。
素敵です。是非。」

というメッセージとともに
池間由布子さんの『雨がやんだ』という曲を
紹介してもらいました。

まさか見楽会で池間由布子さんの
ミニライブを開催することになろうとは・・・
ちょっと感慨深いです。
『雨がやんだ』は本当にいい曲で
ミニライブの時にリクエストさせていただいて
生で聴くことができて、幸せでした。
このような機会を本当にありがとうございました。

と思い出話にひたってしまいましたが、
建て主さん家族にとっては、
これからが生活のスタートです。


ネコ君たちも、入居です。
ミルクちゃんは、かなり警戒しながらも
光の間をぐるりと一周。

ロフトの小窓までたどり着きました。

一方オリーブ君は・・・

見慣れない場所に、
緊張気味・・・でした。


帰り際に出窓を見ると
ガラスに顔を押し付けるミルクちゃん。
キャリーバッグに身を隠すオリーブ君が見えました。

建て主さんが描いていた風景ですね!

そして日曜日はあいらぼ企画のイベント
カヅノキハウスで「炎のある暮らし」を開催しました。
「炎のある暮らし」はこれまでで4回目の開催になります。

実際にペレットストーブの炎を感じていただきながら
ストーブの仕組みや操作方法、メンテナンス、
燃料の木質ペレットの製造方法やコスト、
薪ストーブとの比較やストーブの配置計画について
お話ししました。

午前の会は3組で大人の方4人
午後の会は6組で大人の方12人
子どもの方6人(赤ちゃんも含みます(笑))
に参加いただきました。

午前の会はゆったりとした時間の中
ストーブの炎を感じていただき
午後の会はにぎやかななか、
どんどん質問もいただきました。

ストーブだけではなく
建物もじっくり見ていただきました。
造りつけの木製建具や仕上げ材などに
興味をもたれる方が多い印象でした。

ペレットストーブは我が家でも9年使っていますが
暖かくて本当にお勧めですよ!

domadeハウスの薪ストーブ

いよいよ寒くなってきましたね。

domadeハウスの土間には薪ストーブを設置しますが
先日建て主さんご夫婦と、
実物を見に行きました。

写真の右から2番目のストーブです。
デンマークのHWAM(ワム)という会社の
classic4です。
上部にオプションでオーブンを設置することができる
料理に強いストーブです。

お家に友人をたくさん呼んで過ごす時間が大好きな
建て主さんご夫婦にぴったりなストーブです。

ご主人がこどもの頃
お祖父さんが薪でお風呂を焚いていたそうです。
そんな印象深い思い出から、
お子さん達にも火に触れる機会をつくってあげたいというのが
薪ストーブを考え始めたきっかけだそうです。

一方現場では、外壁、屋根の下地が進められています。

ダイニングから一段下がったスタディスペース。
その上には畳のスペースが重なります。
畳のスペースは1階床から1.6mの高さにしています。
ダイニングとの関係がとても面白くなりそうです。

そしてお風呂も工事中でした。
ちなみにこのお風呂は薪のお風呂ではないですよ(笑)。

 

このページのトップへ