ブログ

本栖湖でカヌー!

暑い日が続きますね。
今日は湿度が低いためか、
屋内にいると風がさわやかで心地いいですね。
日本の夏もこれぐらいならいいのですが・・・。

週末は本栖湖にカヌーに行きました。

これまで家族旅行で何度かカヌーに挑戦してきました。
1回目は北海道小樽でシーカヤック
2回目は同じく北海道の屈斜路湖
3回目は釧路川
4回目は西表島
そして5回目はカヌーの聖地?四万十川です。

海、川、湖それぞれの魅力とスリルがあります。
カヌーは陸からはうかがえない
自然にどっぷりひたれる感じがいいですね。

本栖湖はとにかく水がきれい!
いちばん深いところでは水深138mもあるそうで、
スキューバーダイビングのポイントとしても有名だそうです。

この日は暑かったので、水面に手をひたして休憩すると
気持ちいいのです。


ガイドさんに教えてもらったポイントで
泳ぐこともできました。
マスやハゼの仲間など魚がたくさん見えます。
釣竿をもっていったのに仕掛けを忘れて
釣りはできませんでした・・・。

あと本栖湖の魅力といえば、
千円札のモチーフにもなった・・・

富士山です!
写真だと小さく感じますが、
カヌーに乗りながら、大きな富士山が眺められますよ!

と遊びすぎて、帰りはしっかり渋滞につかまった休日でした・・・。

夏休み!

みなさん。
聞き飽きたとは思いますが言わせてください。

「いやー暑いですね!!」

夏休みですね。

男3人。
卓袱台を囲んで昼ごはん・・・。

そんな日々が続きます。

いよいよ夏本番

関東地方で梅雨明けが発表になりましたね。

いよいよ夏本番。

長男が中学生になってからは部活や塾で忙しく、
夏休みもゆっくり家族ですごす時間が少ないのですが、
夏を満喫する遊びもしたいと思っています。

週末は次男のピアノの発表会がありました。

大きな舞台に一人ずつ登場して
演奏をします。
半年間の練習の成果を披露する晴れ舞台。
これはなかなかプレッシャーがかかるでしょうね・・・。

子どもたちの一生懸命な姿は本当にいいものです!

発表会終了後、カエデハウスの娘さんも同じ教室に通っているので
二家族で中華料理を食べました。
久々に紹興酒で酔いながらいろんな話をしましたが、
うちの妻も、カエデハウスの奥さんも
自分の子どもがピアノを演奏している姿をスマートフォンに録画して、
仕事が大変な時はそれを見て「元気の素」にしているとのこと。
知りませんでした・・・。

働く母は、子どもの一生懸命な姿をエネルギーにして
頑張っています!!

カエデ モチノキ ネストにエンガワ

今日は暑かったですね。
もうずぐ梅雨明けでしょうか?
そして子どもたちは夏休みがやってきますね。

土曜日からもろもろ打ち合わせ続きでした。

まず土曜日午前中はカエデハウスへ
相羽建設の監督佐々木さんがメンテナンスに行くというので
同行しました。

カエデハウスは築2年ですが、
「えっまだ2年でしたっけ・・・。」と驚いた私。
なぜかもう4年ぐらいたった感じでいたのですが。

こんな感じで、いろいろメンテナンスについて
佐々木さんから話をしています。
建てた後もしっかり面倒を見てくれる工務店は
設計者にとっても本当に安心です!

スタディスペースのコルクボード
いい感じに飾られています。

4畳の大きさのデッキに
今年は簾を掛けたそうです。
少し囲まれた感じがいいですねえ。

ここでくつろいだり、
七輪を出して焼き鳥を焼いてビールを飲んだりしているそうです。
うちも焼き鳥やってみよう。

そして午後からは
大規模リフォームのモチノキハウスの打ち合わせ。

7月末の工事着工に向けて、つめの打ち合わせです。
カヅノキハウスでも現場監督を務めていただいた
和田監督とお邪魔しました。

大工もカヅノキハウスを建ててくれた
益子大工と野川のアトリエハウスで担当した北上大工の
二人態勢の予定です!

そして月曜日は
ネストハウスの打ち合わせ。

見積もり用の図面を用意して、
朝の9時過ぎから、
昼ごはんのカレーもしっかり用意して(笑)
みっちり打ち合わせさせてもらいました。
ミズニワハウスの住人で、
相羽建設のエース(?)遠藤さんも途中で加わっての
楽しい打ち合わせでした。
こちらは10月着工予定。

そして本日エンガワハウスのお引渡しでした。

そして同時に植栽工事です。
造園職人さんと、
「ここに窓があるから、もう少し右かな・・・」
「玄関アプローチの横に植えたらかっこいいね。」
など図面をベースにはしていますが、
実際の現場の感じをみながら、
植えていきます。
この作業はわたしにとって本当に楽しい作業です!
(実際に植える職人さんは暑い中大変だったと思います・・・。)

そして外観、木製ルーバーの塀と植栽が植わって
良い感じになりました!

施工した榊住建では毎年建て主さんに手紙を出して、
何かあれば社長の千代岡さんがメンテナンスにまわるそうです。
先ほども書きましたが、
建てた家と建て主さんをちゃんと大事にしてくれる工務店
やはり安心ですし、私も嬉しいです。

お引渡しが終わって、
建て主さんとエンガワハウスの中を歩いていると
「家が完成した嬉しさもあるけど、
いざ完成してみると、ちゃんと暮らせるか不安も大きいです・・・。」
とのこと。
建て主のTさん本当に正直です!
でも私にもその気持ちわかりますし、
結構そういう建て主さんは多いのではないかと思います。
「理想の家を!」と思いながら約1年かけて、
計画から施工を進めていく中で、
いざ完成してみると、どんな暮らしが待っているんだろう・・・
という思いになるのだと思います。

新しいお家、はじめはなれないことも多いと思いますが、
ゆっくりと時間をかけて、
Tさん家族らしい暮らしをつくっていって下さいね。
そしてふと気づくと、エンガワハウスが大好きになっていてくれると嬉しいです。

そして最後にTさんが
「島田さんと家づくりをして良かったです!」
とおっしゃっていただきました。
それはこっちのセリフです(笑)

末永くよろしくお願いします。

野菜がおいしい!

先日見学会を行ったエンガワハウス。

見学会の帰りに野菜をたくさんいただきました。

ナス、キュウリ、ネギ、インゲンマメ・・・。

ナスは焼いてショウガと酢醤油で、
インゲンマメは胡麻和え
ネギは焼き鳥のネギマ、
そしてキュウリはそのまま塩を振って・・・

この野菜、すべてエンガワハウスのTさんの
お祖母さんが育てたもの。

おいしくいただきました!

毎週現場に通っていると、
近くに住まわれているTさんのお祖父さんとお祖母さんも
現場を見に来てくださって、よく話をしました。

今日は完了検査で現場に行きましたが、
お祖父さんが来て、ほぼ完成した家の中を見ていました。

そのうち、
子どものころは井戸の水を汲むのが大変だったこと、
わらや薪で火をおこしたこと、
昔の台所の様子などの話をきかせていただきました。
そして「井戸で冷やしたスイカが最高においしかった!」
と笑顔でおっしゃっていたのが印象的でした。

「家」を設計するうえで
本当に大事なことはなんだろうな・・・
と考えさせてもらえた一日でした。

このページのトップへ