筑波山 と だだ食堂

先日筑波山へ山歩きに行きました。

つくばは学生時代を過ごした場所ですが、
筑波山は登ったことがなかったので、
以前から行ってみたいと思っていました。

ロープウェイの出発点、つつじヶ丘からスタート。

行きはロープウェイには乗らず歩いて登ります。
車でかなり登ってきたので、スタート地点にしてすでに眺めがいいです(笑)。

ごろごろと大きな岩のある道を登っていきます。

途中にいろいろと名前の付けられた奇岩?!たちが楽しめます。

こちらは「弁慶七戻り」と名付けられた岩。
岩が今にも落ちてきそうで、さすがの弁慶も七回戻った
と言われている岩です。

1時間と少し登って女体山の頂上へ。
コースマップには「おたつ岩コース 1.8㎞ 登り80分」とあります。

この見晴らしです!!
真っ平らな関東平野が一望できます。

遠方には富士山も。

この後男体山にも登りました。
男体山の頂上には120年ほど前に設けられた気象観測所があります。

この建物は築90年ほどだそうです。
ちょっと素敵な佇まいでした。

下山は次の予定があったのでロープウェイに乗りました。

そして次の予定というのがこちら。
筑波山から学園都市方面に車で40分ほど走ります。

「だだ商店 だだ食堂」
建物の設計が中村好文さんということで訪れました。

好文さんのシンプルだけども行き届いた設えの空間の中、
おいしいお食事がいただけます。

「今日の定食」です。
好文さんの設計する建物と同じく?!
一見シンプルですが、一つ一つの材料が厳選されていて、
料理を口に運ぶと、手間をかけて丁寧に作られていることが、
体にしみわたるような・・・そんな印象でした。

こちらは「だだ商店」。
お店の方が選んだこだわりの品々(主に食品関係)が並びます。
欲しいものがたくさんありましたが、
キリがないので、少しだけで我慢して・・・買いものしました。

地下にはワインセラーがあります。
あまり一般のお店では見かけないような、
ユニークなラベルのワインがたくさん並んでいます。

お店の方曰く、ワインの作り手達が市場の都合にあわせるのではなく
自身が良いと考える作り方でつくっているワインを多く扱っています、
とのことでした。
ラベルを眺めているだけでも飽きなかったです。

山歩き、素敵な建築、美味しい食事・・・と
私の気持ちを120%満たしてくれるような一日でした!

山歩き 三頭山 

先日奥多摩の三頭山に夫婦で登りました。

都民の森の駐車場に車を止めていざ出発。

整備された登山道を歩いていくと
ほどなくしてつり橋が。

三頭大滝が眺められます!

その後沢沿いに登っていきます。
それなりに急な場所もありますが、
水の流れる音を聴きながら木漏れ日の中を登っていくのは
本当に気持ち良かったです。

水が冷たかった・・・。

今回歩いたのは「ブナの路コース」という
ハイカー向けの3~4時間で歩けるコースでした。
ブナ林は幹や葉の雰囲気が明るく爽やかで気持ちがいいです!
「東京都でブナ林がまとまって残っているのは、三頭山と日原川流域のみです。」
という解説板もありました。

頂上は開放的な眺めはありませんが、
雲がなければ富士山も眺められます。
この日は少し雲がかかっていて、ちらっと見えただけでした。

下り道の途中で展望台もあります。

眺望の開けた絶景、は少なめなコースかもしれませんが
滝や沢沿いの路、ブナ林の路、尾根道と変化があり
気持ちの良い山歩きでした!

 

 

 

 

Works

お問い合わせ

このページのトップへ