Works

カヅノキハウス(2008年) 

カヅノキハウス

施工:相羽建設 和田監督 益子棟梁 高橋棟梁
写真:西川公朗

自宅兼仕事場です。私にとって初めての住宅の設計でした。毎日のように現場に通い、大工さんや様々な職人さんとのコミュニケーションの中で工事が進みました。コンクリート造の上に木造がのっている混構造。地下室もつくりました。

もっとみる

喜里ハウス(2010年) 

喜里ハウス

施工:山口工務店 馬場監督 山口棟梁

東京から山梨県北杜市に移り住むご夫婦のためのお家です。敷地からは南アルプスの山岳景観が眺められる好眺望。OMソーラーと薪ストーブで冬の暖をとります。

もっとみる

荏田町の家(2010年) 

荏田町の家

施工:富士ソーラーハウス 阿部監督 川口棟梁

小さな庭をL字型の建物と木の柵で囲んだプランのお家です。建築家である建て主さんとの共同設計。ディスカッションを通し、いつまでも庭を眺めていたくなるような、そんな空間を追求しました。

もっとみる

ヒノデハウス(2011年) 

ヒノデハウス

施工:相羽建設 渡辺監督 佐久間棟梁
写真:西川公朗

桜の大木や裏山の神社の緑・・・。そんな自然を借景に、のびやかで心地よい空間を目指しました。寒い冬でも晴れた日は、OMソーラーで暖かいとのこと。薪割や料理など薪ストーブライフを満喫しているお家です。

もっとみる

Bulatハウス(2012年)

Bulatハウス

施工:コアー建築工房 大谷監督 里見棟梁
写真:喜多章

大きな吹き抜けのダイニングを中心に、オトナのリビング、コドモのリビング、キッチン、子ども部屋、書斎、寝室などがつながって、「一つ屋根の下」にいると感じられるお家です。

もっとみる

カエデハウス(2012年) 

カエデハウス

施工:相羽建設 荻野監督 佐久間棟梁
写真:西川公朗

女の子と男の子がいる4人家族のお家。2階の家族スペースは、リビング、ダイニング、スタディスペースが、お互い見え隠れしながらつながっていく楽しい空間。カナダ留学中に知り合ったというご夫婦にちなんで、シンボルツリーにカエデを植えました。

もっとみる

Hidamariハウス(2013年) 

Hidamariハウス

施工:相羽建設 相田監督 山本棟梁 写真:西川公朗

お父さんとご夫婦、そして男の子の4人家族のお家。建て主さんの「喫茶店の日だまりのある窓辺のようなスペース」という要望をテーマに、家族それぞれの「心地よいい居場所」を見付けられるお家を計画しました。

もっとみる

ミズニワハウス(2013年)

ミズニワハウス

施工:相羽建設 相田監督 山本棟梁

ミズニワハウスは相羽建設の営業担当遠藤さんの ご家族のお家です。敷地の南西角に水盤を設けた「ミズニワ」を計画。 夏に涼を感じられる庭です!その庭を眺めるダイニングスペースには薪ストーブ、 小さな吹き抜け、木製の建具・・・。魅力をギュッと凝縮したスペースです。

もっとみる

エンガワハウス(2014年)  

エンガワハウス

施工:榊住建 今川監督 阿部棟梁 写真:牛尾幹太

エンガワハウスは若いご夫婦とお子さんのためのお家です。最初の打ち合わせで、お祖父さんのお家の縁側で過ごした心地よさについて話されていたことが印象的でした。そして生まれたプランが、庭に大きく濡れ縁を設けたプランでした。シンプルでまじめな感じだけど、ちょっとカワイイ。若いご家族にぴったりなそんな家になればと思います。

もっとみる

ネストハウス(2015年)

ネストハウス

施工:相羽建設 渡辺監督 阿部棟梁 高橋棟梁
写真:牛尾幹太

限られた敷地の中でも、
「森」を感じられるような家・・・
ということで敷地の南東角にできるだけ
スペースを確保し、
小さな森をつくる計画です。

2階リビングにはデッキをつけて、
巣から樹木の樹冠を眺めるようなイメージです。

もっとみる

Hugハウス(2015年)

Hugハウス

施工:相羽建設 渡邉監督 中山棟梁
写真:牛尾幹太

プランを練っているうちに、
3つの切妻屋根が重なるかたちができてきました。
その姿が親子3人が寄り添っている様子にも
見えるので、
「Hugハウス」と名前を付けました。

Hugハウスは延床面積が約19坪と
カタチもサイズもかわいらしいお家です。

コンパクトな空間が家族を包み込むような・・・
そんなお家を目指しました。

もっとみる

ヘッジロウハウス(2016年)

ヘッジロウハウス

施工:榊住建 今川監督 江波戸棟梁
写真:牛尾幹太
1階に親御さん世帯
2階に小さなお子さんが2人とご夫婦が
住むお家です。
南側にはお父さんが造った立派な生垣があります。
生垣は英語でhedgerow(ヘッジロウ)。
親子三世代が同じヘッジロウを眺めながら暮らす
そんなお家です。

もっとみる

だんの間ハウス(2016年)

だんの間ハウス

施工:大工高野建築工房 三辻監督 大久保棟梁
写真:牛尾幹太

建て主さん御夫婦とお話する中で
「窓を開けてすごしたい」
「家でゆっくりすごしたい」
「わくわくしたい」
といった言葉が心に残りました。

家族が集まる場所として
「開放感」と「こもり感」が共存する
「だんの間」を提案しました。

もっとみる

空に月ハウス(2017年)

空に月ハウス

施工:創建舎 笠原監督 上井戸棟梁
写真:牛尾幹太

建て主さんご家族にお話を伺う中で
「窓から空や月がみられたら本当にうれしいです。」
という言葉が印象的でした。
夕焼けがきれいな時、
ぬけるような青空が気持ちいいとき、
きれいに輝く月を見つけた時・・・。
建て込んだ敷地の中でも、日常生活のいろいろな場面で
空や月、風や緑などが感じられ、楽しめるような
そんな工夫を盛り込んだお家になればと考え
家の名前を「空に月ハウス」にしました。

もっとみる

Cestaハウス(2017年)

Cestaハウス

施工:浦野建築 浦野棟梁
写真:牛尾幹太
cesta(セスタ)はラテン系の
ポルトガル語、スペイン語で「かご」を意味します。
大きな「cesta」のようなテラスデッキを
2階の南側につくって
それが太陽や風や青空を受けとめて、
室内にも取り入れるという計画です。

もっとみる

うつろいハウス(2017年)

うつろいハウス

施工:相羽建設 渡邉監督 秋山棟梁
撮影:西川公朗
ご夫婦からお話を伺うなか「家族で過ごせる場所が複数ほしい・・・。」
「雨の日にも飽きないように、家の中を回遊したい・・・。」との言葉が印象的でした。天気や季節、その時の気分の変化に応じて家のなかをぐるぐるとまわって、いろんな居場所を見つけて家族ですごしたり、時には一人の時間をすごしたり・・・。
季節のうつろいの中で家族もうつろう家になればと思っています。

もっとみる

domadeハウス(2018年)

domadeハウス

施工:相羽建設 渡邉監督 荻野監督 高橋棟梁
撮影:西川公朗

「外から見てもワクワクするような家。」
「外とつながって、テラスで食事やコーヒーを楽しみたい。」
「居間はいつ誰が来てもくつろげるようなスペースにしたい。」
ご家族の思いをかたちにするために
家の中だけど半分外部空間のような「ウチドマ」
家の外だけど庇のかかった「ソトドマ」を設けた計画です。

もっとみる

subakoハウス(2018年完成予定)

subakoハウス

森の中のような緑に囲まれた敷地。
その緑を全身で感じながら、
気持ちよく、のびのびと、そして安心して
家族が成長していく家がいいと感じました。
家族が過ごす「くつろぎのスペース」や「家事スペース」を2階に配置することで、たくさんの時間を自然に囲まれ、守られながら暮らせる木の上の「巣箱」のような家を計画しました。

もっとみる

concaveハウス(2018年完成予定)

concaveハウス

ご家族それぞれが趣味が豊かで、やりたいことをたくんさんもっていることが印象的でした。

家族それぞれの個室が、吹き抜け空間やテラスデッキを囲むようなプランにすることでちょうどいい距離感がうまれて、居心地が良くなると考えました。

そのような考えを巡らせる中で凹型(concave)のプランにたどり着きました。

もっとみる

こみちハウス(2019年完成予定)

こみちハウス

まわりが建て込んでいる敷地。
南東側に可能な限り庭スペースを確保して
その庭と通りをアプローチの「こみち」
でつなぐことで、
室内からだけでなく、家から出かけるとき、
家に帰って来たとき、また通りを歩く人からも、
「こみち」越しに庭の緑の気配が
感じられる家になれば素敵かな・・・と考え
「こみちハウス」という名前にしました。

もっとみる

あさあけハウス(2019年完成予定)

あさあけハウス

「緑に囲まれた家にしたい」
「朝日を浴びながら朝食を・・・」
「サーフィンが好きで海とともに暮らしている感じ」
といった建て主さんのお話がとても印象的でした。
朝の時間が充実しているイメージで、
「あさあけハウス」という名前になりました。

もっとみる

SOYOハウス(2019年完成予定)

SOYOハウス

建て込んだ住宅街の中でも
植物をたっぷり植えて、
窓を計画的に設えることで
風にそよぐ緑が楽しめます。
風にそよぐ緑に
「自然の息づかい」を感じながら
毎日を暮らせるようなお家になればと
「SOYOハウス」と名付けました。

もっとみる

のきばハウス(2019年完成予定)

のきばハウス

「ゆったりとした雰囲気 軒の深い家がいいです。」
「薪ストーブをながめてのんびりすごしたいです。」
「友達を招いて、芋煮、流しそうめん、
味噌づくりなど楽しんでいます。」
といった言葉がとても印象的でした。
シンプルな切妻屋根の足元に、
家族や友達を柔らかく迎える
内と外の中間的な場として
「軒端(のきば)」スペースを
たっぷり設けたお家です。

もっとみる

かどにわハウス(2019年完成予定)

かどにわハウス

「家族がのびのび過ごせる空間が欲しい」
「家族がふれあう動線」
「季節を感じる環境にしたい」
といった言葉が印象的でした。、
日当たりと開放性が得られる
南西角にしっかりとスペースを確保して、
暮らしの中で自然のうつろいを感じられる
「かどにわ」をつくるのがよいと考えました。
「かどにわ」は漢字では「角庭」であり「門庭」とも書けます。
門(かど)は家族という意味があり、
「家族の庭」、という意味にもなるかと思い
「かどにわハウス」と名前をつけました。
「笑う門には(かどにわ)、福来る。」ですね!

もっとみる

エイム学習塾(2010年 リフォーム)

エイム学習塾

学習塾の内装設計のプロジェクト。小中学生各学年1クラス12人と、少人数で指導するこだわりの塾です。教室や事務室のほか、勉強の合間に生徒さん達のコミュニケーションの場となるライブラリーも計画しました。

もっとみる

野川アトリエハウス(2012年 リフォーム) 

野川アトリエハウス

施工:相羽建設 和田監督 益子棟梁

画家である奥さんの仕事スペースをより広く快適に改修する計画。敷地のすぐ北側を流れる野川の風景を、毎日の生活の中でもっと感じられる家にすることをテーマにしました。

もっとみる

モチノキハウス(2014年 リフォーム)

モチノキハウス

施工:相羽建設 和田監督 北上棟梁

モチノキハウスは築46年の木造2階建てのお家です。
建て主さんご夫婦の要望は
・暖かくて地震にも強く安全な家にしたい。
・リビングダイニングを一体に広くしたい。
・家の前の通りに対して程よくオープンな
感じにしたい・・・。
というような内容でした。

「建て替え案」や「1階だけを残す減築案」などと
比較しながら、
建て主さんご夫婦とじっくり話し合って形にしていきました。

もっとみる

チャノマハウス(2014年 リフォーム)

チャノマハウス

施工:大工高野建築工房 高野監督 高橋棟梁

クライアントのFさん家族は、
大学生と高校生の男のお子さんの4人家族。
リフォームの内容は、
ダイニングキッチン、リビングにしっかり
収納をつくって、
家族の集まるスペースを充実させること・・・。
「チャノマハウス」と名前をつけました。

もっとみる

柿ノ木ノ下(2015年 リフォーム)

柿ノ木ノ下

施工:相羽建設 和田監督

柿ノ木ノ下は築約80年の古民家を、
ワークスペース+ギャラリーに改修しました。

時を重ねてきた建物が、まちの財産となるような、
そんな改修ができればと考えました。

もっとみる

大阪プロジェクト(2015年)

大阪プロジェクト

施工:拓工建設 山中監督 中村監督
造園:Raise工房

建材を扱う会社の事務所と倉庫のリノベーション。
内外装をきれいに改修するほか、
ここで働く社員、訪れるお客さんが緑を楽しめるよう
ランドスケープを計画。
エントランス横のエンガワスペースは靴のまま気軽に
立ち寄れる「縁側」的な空間です。

もっとみる

ハンモックハウス(2015年 リフォーム)

ハンモックハウス

施工:大工高野建築工房 高野監督 三辻大工

もともと広いデッキがあったのですが、
周囲に開放的過ぎて、落ち着かないとのお話でした。
パーゴラをつくって、木ルーバーで少し囲うことで
落ち着いた場所になると考えました。
シェードやパーゴラも設置すれば・・・。

もっとみる

メルティタウン久枝(2014年~ まちづくり)

メルティタウン久枝

愛媛県松山市でのまちづくりプロジェクト。
11戸の家が通りを挟んで並びます。
敷地の境界には柵などは極力設けず
各家へのアプローチには屋根つきのデッキを
設けることで、通り全体が「井戸端空間」
になるようなまち並を考えました。

もっとみる

カシギハウス(プロジェクト)

カシギハウス

2014年の夏に開催したあいらぼの企画「8人のケンチクカ展」
で出展した計画です。
8人の建築家が実際にある敷地に、
架空の4人家族のための家を計画。
敷地の南側に隣家が近接しているため、
建物を斜めに傾(かし)がせて
菜園のある庭を確保し、
まちと家のちょうどいい距離感を提案しました。

もっとみる

このページのトップへ