ブログ

TOOLBOXハウス 地鎮祭

TOOLBOXハウスの地鎮祭が行われました。

ご夫婦と家づくりの希望ついてお話をする中で
「堅固な建築で、愛せる道具のような家」
「こもれる居心地の良さ」
「散らかしてそのままでも大丈夫な工房的スペース」
といった言葉が印象的でした。
検討を進める中で、箱型のシンプルで頑丈な骨格の中に
籠り感のある家族の居場所が
見え隠れしながら点在している空間が良いと考えました。
イメージしたのはツールボックスです。

箱を開けると段状のトレーが展開し、
その中に工具や釘、ビスなどものづくりに使う
ものたちがぎっしり詰まっているような感じです。

設計を進めていく中ではいろいろな課題、問題にぶつかります。
それを一つ一つ建て主さん家族や工務店と検討して、
解決して図面をまとめていきます。

最初に描いた思い、コンセプトを守り抜きながら
着工にたどり着けたときは毎回ほっとします。

同時に地鎮祭では
「いよいよ工事が始まる」という緊張も感じます。

施工していただく相羽建設さんと、
しっかり取り組んで
素敵なTOOLBOXハウスの完成まで頑張ります!

このページのトップへ