ブログ

ガーデンリフォーム

私はもともとランドスケープ(造園)事務所で働いていました。
だからかもしれませんが、住宅地を歩いていて、
私の背丈よりも高くブロック塀が積まれていたり、
逆にリビングの窓が道路からすぐの距離にあって、
昼でもカーテンが閉めっぱなしになっている家の光景を見ると、
少し残念な気持ちになります。

私がいいな、と思う住宅地は、
暮らしている家族の気配が程よく感じられて、
逆に家の中からも、まちなみとの連続感が感じられるところです。

家全体をつくり変えなくても、
「いえ」と「まち」の間の空間に手を加えることで、
お互いの関係は見違えるほどよくなると思います。

ガーデンリフォームといっても、
ただ庭や塀を、きれいに作り直すことではありません。

道路から玄関までのアプローチ動線を見直したり、
リビングの掃出し窓から出られる、屋根付きのアウトドアデッキを
設けることで、家の中の空間が一気に外部とつながり、
広がりを見せます。

庭に手を入れるだけであれば造園業者に依頼すれば良いのですが、
もう一歩踏み込んだ、家の中との関係もしっかりと考えた提案は
建築家であればこそできると考えています。

このページのトップへ