ブログ

LDK 1階か2階か・・・?

家のプランを検討するときに
家族の過ごす時間が長くなるLDKのスペースを
1階に配置するか、2階に持ってくるか
悩む方も多いと思います。

私もプランを検討する時に、
敷地の状況や建て主さん家族の要望をふまえて
どちらを選択するのか検討を重ねます。

すんなり決まるときもあれば
なかなか答えにたどり着かないこともあります。

1階LDK、2階LDKどちらにも良い点があり
解決すべき課題があると考えています。

そこでそれぞれのメリットや課題をまとめ、
事例を紹介した動画を作成しました。

暮らしの設計 しまだ設計室

まずは2階LDKについてまとめました。
来週1階LDKについての動画をアップする予定です。

ご興味ある方は是非ご覧ください!

3月の家づくりcafe

3月の家づくりcafe 日程のご案内です。

建物のこと、暮らしのこと、工事費や設計料のこと・・・。
家づくりで気になることについて、自宅兼事務所の
カヅノキハウス(小金井市前原町)でいろいろお話します。

各回1家族限定で対応いたします。
zoomなどweb打ち合わせも積極的に行っています。
web打ち合わせが初めての方も気軽にご相談下さい。

〇各会一家族のみの予約制。無料です。

〇日程
3月7日(日) 10時~  14時~
3月14日(日)                14時~
3月21日(日) 10時~  14時~

ご希望の方はホームページの問い合わせフォーム、メール、
お電話などでお申し込み下さい。

mail :   kazunoki@nifty.cm
tel    :   090-9307-5748

※平日をご希望の場合はお伝え下さい。
日程調整させていただきます。

家づくりの流れ、家づくりの予算について
動画でお伝えしています。
家づくりを考え始めた方の参考になればと思います!暮らしの設計 しまだ設計室 – YouTube

漆喰の外壁

grunハウスの現場です。

外壁の左官仕上げが進んでいました。

アプローチは杉板と左官仕上げ。
今回左官仕上げは、丸清さんがよく使用しているエスタコウォールという
漆喰系の左官材料です。

近づいてみると、職人さんの͡がコテで仕上げたパターンが伺えます!
横から光が当たると陰影がきれいですね。

内部は小島棟梁が、斜め天井の下地を組んでいました。
大変なおさまりも多いと思いますが、
本当に丁寧に仕事をしていただいて、感謝しています。

4月末の完成を目標に、監督と職人さんたちがしっかりと現場を進めてくれています。

こちらは森の本箱ハウスです。
基礎コンクリート打設も終わり、3月中旬の上棟を待ちます。
上棟すると、こちらの現場にも頻繁に通います!

おすすめの「外壁」動画アップしました。

ガルバリウム鋼板、左官仕上げ、木板張りなど
お家の外壁仕上げについて解説した動画をアップしました。

意匠性のほか、コストやメンテナンスの観点からも
比較しています。

暮らしの設計 しまだ設計室 – YouTube

是非ご覧ください!

森の本箱ハウス grunハウス レイヤードハウス

昨日は現場と打ち合わせが重なり、
朝から夕方まで忙しい一日でした。

まず最初に「森の本箱ハウス」の配筋検査を行いました。

施工はgrunハウスに続き丸清さん。
しまだ設計室では2棟目のお仕事になります。

いつもどおり、構造設計をお願いしている
H&A構造研究所の東條さんにも確認してもらいます。
住宅性能証明・瑕疵保険の審査を行う審査機関の検査も同時に入ります。
施工すると見えなくなってしまう大事な部分なので、
複数の目で確認できるのは安心です。

配筋はとてもきれいに施工されていて、指摘事項もなく合格でした。
これから現場通いがはじまります。

次に「grunハウス」の現場に向かいました。

grunハウスは外壁の下地が終了し、来週から左官の仕上げ工事に入ります。
左官屋さんが現場で試し塗りを行ったので、建て主さんにも確認していただきました。
仕上げは丸清さんがいつも使用している「エスタコウォール」という漆喰材です。

内部は家具工事が進みます。
毎回現場の進捗が楽しみです!

そして最後は「レイヤードハウス」の打ち合わせでした。
プレゼンを合わせて3回目の打ち合わせです。
展開図の修正や設備関係の打ち合わせを行いました。
また平屋ということもあり、建物の中央部にどの程度自然光が届くか
照度のシミュレーションを行いました。

設計者の経験と感覚にプラスして、
あくまでもシミュレーションですがこのような検討ができるのは
判断材料が増えて有効だと感じました。
検討には「ホームズ君」というソフトを使っています。

現場と打ち合わせのはしごは体力を使いますが、
設計者としては幸せな一日でした。

このページのトップへ