ブログ

光を柔らかく受け止める・・・

concaveハウスの現場です。
大工工事も大詰めです。
内部壁、天井のボード張りと
家具工事が進んでいます。

concaveハウスの見せ場のひとつ、
2階のギャラリーホールです。
北面の壁を照らすトップライトと、
その光を柔らかく受け止める曲面天井。
北面の壁には奥様が集めた、
ガラスの作品などが飾られる予定です。

こちらは娘さんのお部屋。
天井が三角形です!

家具工事も進んでいます・・・。

相羽建設の柳原棟梁と樋口監督は若いチームですが、
順調に丁寧に進めてもらっています。
本当に素晴らしいです!

cestaハウス 1年点検 写真撮影

1年点検と写真撮影で、
昨日cestaハウスにお邪魔しました。

施工を行った浦野建築の浦野棟梁。
木製建具の調整など、
不具合個所を見て、手直ししていきます。

点検と同時に、写真も撮影させていただきました。
カメラマンは牛尾幹太さん。
ご家族がお家で過ごしている様子をと
モデルで入っていただきました。

家具職人のご主人の造った家具も
とてもいい感じで設えられていました。
写真が完成しましたら、また紹介したいと思います。

夜には奥様の手料理とお酒をいただきながら、
いろいろと思い出話になりました。

「家は2軒、3軒建てて初めて満足するという言葉もありますが、
1軒目で十分満足のいく住まいになったと思います。」

との言葉をいただいて・・・一安心!でした。

検査いろいろ続きです。

こみちハウスは配筋検査でした。
施工は相羽建設さんです。

検査機関の方とまたまた構造の東條氏で
検査を行いました。

こみちハウスは1階がRC構造のため、
地中梁が大きいです。

現場に到着すると懐かしい職人さんの顔が。
カヅノキハウスのコンクリート型枠を施工してくれた
型枠大工さんでした。
10年ぶりにお会いして、少しお話できて
こういう再開は嬉しいですね。

それにしても、今日も暑かったです・・・。
監督さんの話では、
この夏は暑すぎて、どうしても板金屋さんの作業効率が落ちてしまうので
手配のタイミングが難しいとのことでした。

検査いろいろ

子どもたちの夏休みも
残すところあと少しですね。

我が家は子ともたちが二人とも
受験を控えていることもあり、
家族での旅行はありませんでした。

特にまとまった休みを取りませんでしたが、
高校時代の水泳部仲間や
大学時代の友達と呑んだり、
妻と「建築の日本展」へ行って
昼間からちょっとビールを呑んだり、
お客さんにお呼ばれして呑んだり・・・。
呑んでばかりでしたね(笑)

ブログ更新が遅れ気味でしたが、
もう少し更新回数を増やしていきたいと思います。

concaveハウスは内部のボードが張られてきました。
1階ダイニング、リビングです。
ここは吹き抜けがあります。
こんな感じで近くと遠くに窓が奥行き感をもって
見える感じはいいな、と感じます。

ガルバリウムに一部杉板の外部仕上げ。いいですね。
引き戸は仮の物。結構きれいで驚きました。

subakoハウスは中間検査でした。
審査機関の検査官と構造の東條氏です。

ダイニングから小屋裏収納を眺めたところ。
まだイメージはわかないと思いますが、
ここも楽しみです。

それとおまけです。
現場の玄関部分にこんなデスクが設置されています。
デスクの上には図面や、現場に出入りした職人さんの名簿が置いてあります。
デスクの下には金物などよく使う部材が置いてあったり
「これは便利だな」と思いました。
実際私も現場に早くついたので、しばらくこの机を借りて
図面の確認をしていました。
あすなろさんの工夫でしょうか、いいですね!

subakoハウス 窓からの眺め

高校野球が始まりましたね。
息子たちも意外と結果が気になるようで
毎日チェックしています。

私はパンパシフィック水泳が気になります・・・。

subakoハウスの現場です。

今回は青の外壁・・・
ではなく、あすなろ建築工房さんが
台風対策でブルーシートをかけていた
とのことです。

2階バルコニーの張り出しです。
奥行き1.5m飛び出させています。
ご主人が緑を育てたいとの話もあり、
かなり広く確保しています。
大工さんが、
「遠くに花火大会の花火が見えるかも・・・。」
も言っていましたが、どうでしょうか。

2階西面の窓一面に
裏山の緑が・・・。

ダイニング北側のメインの窓です。
ここからは公園の桜の木が眺められます。
窓の下にはベンチを設えます。

ブルーシート外した景色が
早く見たいですね・・・。

このページのトップへ