ブログ

のきばハウス完成写真 1階

のきばハウスの完成写真です。
(私のiphoneで撮影したものです。)
施工:浦野建築 造園:ワイルドグリーン

ダイニングテーブルはこれから浦野さんが制作するため
私が事務所で使っているものを持ち込みました。
実際は杉の長方形のテーブルを置く予定だそうです。
撮影の日は天気が良く、軒端と土間を通して入ってくる風がここち良かったです!
壁は薩摩中霧島壁仕上げです。

ダイニングテーブルから見て、写真奥がスタディスペース、右側がソファと
テレビスペースです。
本棚を設けることで空間を柔らかく仕切って、少し籠り感を作り出しています。

階段下の空間を利用したスタディスペースは、
お子さんが小さいうちは遊びスペースとして使われるそうです。

こちらは、ほぼ正方形ソファです。
お子さんのお昼寝にもぴったりです!
ちなみに我が家にも同じくらいのサイズのソファがありますが、
大人も昼寝できます(笑)。

ダイニングの反対側、写真の奥の2枚の引き戸は洗面脱衣室とクローゼットに
つながります。

洗面脱衣室と浴室の壁と天井も杉板で仕上げています。
モザイクタイルは、奥さんのお友達の小林真理江さんが作成されました。

次回は2階を紹介します!

のきばハウス完成写真 外観、軒端、土間 動画もつくりました。

のきばハウスが完成しました!

のきばハウスは浦野棟梁のお家です。
もちろん浦野さん自ら建てました。

杉をふんだんに使った素敵なお家になりましたが、
このような状況なので残念ながら見学会は開催しませんでした。
そこでkotaハウスと同様に動画をつくりました。
是非ご覧ください!

https://youtu.be/jIgSlAJ1TT4

写真も撮影させていただいたので
何度かに分けて紹介させていただきたいと思います。

外観です。
外壁は1階が杉板、2階がそとん壁です。
造園はワイルドグリーンの高瀬さんにつくってもらっています。

このお家の名前の由来にもなっている軒端(のきば)スペースです。
内部の土間スペースと一体になって、内と外をつなぐ場となります。

土間部分はコンクリート洗い出し仕上げです。
写真奥は収納スペースになっていて、
靴や傘、掃除道具などたくさん収納できます。

土間を逆側から見たところです。
奥にソファ、テレビスペースがあります。
少し籠りながらテレビを見たり、薪ストーブの炎や庭の植栽を楽しむことができます。

家の中から土間、軒端越しに見る庭の様子です。
植栽をしっかり施しているので、
前の道を人や車が通っても気になりませんでした。

次回は1階の内部を紹介します!

連休の過ごし方

皆さま連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。

こんなに長い時間を家族で家で過ごすことは
なかなかないですね。

我が家の過ごし方は、だいたいみなさんと似たような感じかと思います。
まずアマゾンプライムで映画を4本見ました。

1本目は「グレイテストショーマン」。
劇場公開時に家族で見に行きましたが、復習する感じで(笑)。
2本目は「アンタッチャブル」。
私が高校生の時に友達と見に行って興奮した映画です。
ケビンコスナーの出世作で、
ロバートデニーロ扮するアルカポネとの対決が見ものです。
3本面は「レオン」。
レオンとマチルダのキャラクターが素敵です。
4本目は「LIFE!」
うつろいハウスのNさんに勧めてもらって以前に見たことがありました。
LIFE誌で写真を管理する地道な仕事をしている主人公が、
とある理由で冒険をする話ですが、とても痛快です!
そしてラストシーンが大好きな映画です。

その他の過ごし方としては・・・
家の片づけがかなりすすみました(笑)。

次男にも手伝ってもらい
浴室と木デッキの塗装もできました。

1年に1回は塗装していることもあり、
今年で12年目ですが、傷んだところはありません。

良かった点としては、
大学生と高校生の息子が料理と後片付けをやってくれるようになり、
彼らの生活力が上がりました(笑)!

庭仕事

ステイホームのゴールデンウィーク。
我が家は昨日は庭の手入れをしました。

ちょうど1年前に南側のサンクンガーデンを
DIYでつくりました。

http://kazunoki.com/blog/ガーデナーになる%ef%bc%9f%ef%bc%81/

一年前、施工直後の様子です。

1年経って石の間の植物も落ち着いてきました。

このサンクンガーデンにも
雑草除けもかねてグランドカバーの植物を植えたしました。
花が咲いたらまた紹介したいと思います。

そして通り沿いの植栽地はいま花盛りです。

普段仕事をしていると、
散歩途中の方同士で
「このお花きれいね!なんていうはなだっけ?」
という声が聞こえてきたり、
小さな男の子がお母さんに
「ほらお花だよ!」と呼び掛けたり・・・。

楽しい気持ちになります。

我が家の場合、手入れをしているのはほとんど妻ですが(笑)。

のきばハウス完了検査

のきばハウスの完了検査でした。

検査は無事合格でした!

ワイルドグリーンの高瀬さんによるお庭、アプローチも出来上がりました。

煙突もしっかり立ち上がっています。
工事は長野県茅野市にお店を構えるgrow thickさん。

玄関では、Hanyu Metal Works の羽生さん手作りの照明が迎え入れてくれます。
笠の内側は真鍮です。

土間には薪ストーブが設えられています。
奥にはしまだ設計室おすすめの、
「ほぼ正方形ソファ」が設置されます!

ソファからはこんな感じで薪ストーブの炎と
お庭の緑が眺められます。

ペンダント照明も羽生さんがつくりました。

今回床だけではなく、家具や建具にも杉をたくさん使っています。
棟梁であり、のきばハウスの住まい手の浦野さんがこだわって材料も集めました。
造り付けの家具も家具屋さんではなく、浦野さんが作りました。

杉の建具は図面を描いて、
cestaハウスでもお世話になった橋本建具さんがつくりました。

洗面台の背面壁にモザイクタイルが施されています。
浦野さんの奥さんは美大出身で美術の先生をしていますが、
このモザイクタイルは、大学時代のお友達の小林真理江さんが作成されました。

とてもかわいらしく、見ていて楽しくなります。
私も幼少期に家に飾っていた絵が、今でも思い出になっていますが
浦野さんのお子さんたちも、このモザイクタイルの絵を見ながら育つのですね。

完成、お引越しまであとわずかです!

このページのトップへ