ブログ

ぼっこハウス見学会

設計工事監理を進めていた
「ぼっこハウス」の見学会のお知らせです。
施工をお願いした丸清さんとの共同開催になります。

隣家が少し建て込んだ敷地ですが、
吹き抜けや庭とのつながりで
ひなたぼっこが気持ちいい
明るくて素朴なお家になればと設計を進めていました。
丸清さんが得意な杉と漆喰に包まれた
心地よいお家になったと思います!

この度建て主さんのご厚意により
見学会を開催させていただくことになりました。

今回は4月23日(土)1日の開催で
1時間に2組と枠が限られているため
現在家づくりを検討中の方を対象とさせていただきます。

ご参加ご希望の方は、しまだ設計室の問い合わせフォームより
以下の内容記入の上お申し込み下さい。

〇お名前
〇参加人数
〇電話番号
〇希望時間 (10時、11時、12時、13時、14時、15時、16時 の7回です。)

どうぞよろしくお願い致します!

ガラス作家 大谷佳子さんの展覧会

concaveハウスのペンダント照明や表札をつくっていただいた
ガラス作家大谷佳子さんの展覧会に行きました。

ギャラリーを入ると、この大きなガラスのオブジェが迎えてくれます。
表にも裏にも模様が施されていて、
ガラスの厚みも薄い部分、厚い部分と変化があり
見る角度、光の当たり方で表情が変化する
圧巻の作品でした!

こんな大作から

こんなかわいらしいガラスの器やグラスなど
幅広い作品が楽しめます。
器類は購入もできます。

ペンダント照明もいろんな種類のものが並べられています。
カヅノキハウスも住み始めて13年、同じペンダント照明を使い続けているので
気分を変えてみたいと考えて、写真の右から2番目のものを購入させていただきました!

展覧会は4月12日(火)まで。
ご興味のある方は是非訪れてみて下さい!

bunchハウス上棟

青空のもと
bunchハウス上棟でした!

施工は相羽建設さん。

棟梁はレイヤードハウスに引き続き徳武棟梁です!
いつも丁寧に作業していただいて本当に信頼のおける大工さんです。

監督もレイヤードハウスから引き続いて
橋詰監督です!
的確な提案をしてもらえるので、いつも助かっています。

concaveハウスでお世話になった柳原大工
Hugハウスやhotoriハウスでお世話になった中山大工も上棟に
来ていただいていました。
以前にお世話になった大工さんの顔が見られるのも
楽しみの一つです。

図面や模型で建て主さん家族と検討してきたお家が
一気に建ち上がる様子は、テンションがあがります!

吉阪隆正展 ~ひげから地球へ、パノラみる~

現在東京都現代美術館で開催中の建築展
「吉阪隆正展 ~ひげから地球へ、パノラみる~」
に行ってきました。

吉阪隆正は2年間ル・コルビジェの事務所に在籍したこともある
建築家です。

住宅から都市まで、活動範囲は幅広く
見ごたえのある展覧会でした。

有名な自邸の模型です。
「日本ではじめて人口土地を持つコンクリート住宅」
と解説文にありました。
ピロティ状の形状、色のついたガラスなど
コルビジェの影響が感じられます。

これは自邸ではありませんが、
コルビジェのロンシャンの礼拝堂を思わせる窓ですね。

そして壁面には、なんと自邸の実物大断面図が!
吉阪さんも実物大です。

こちらは八王子セミナーハウスの模型です。
訪れたことがある方も多いのではないでしょうか。

こちらは全体像。
粘土で作られた模型は迫力があります!
高低差のある地形にふわっと降りてきたような建物群が印象的です。

ヴェネチア・ビエンナーレ日本館の平面図。
細かく手書きで丁寧に描かれた図面は圧巻です。

昨年から妻の影響で山歩きを始めましたが
妻がいつかは行ってみたいと話していた
上高地涸沢カールの涸沢ヒュッテも吉阪さんの仕事だそうで
知りませんでした。

吉阪さんは建築だけでなく登山でも有名だそうで、
涸沢ヒュッテ以外にもいくつか山小屋を設計したそうです。

いつか訪れてみたい!と強く思いました。
早くいかないと体力が心配ですが・・・。

ぼっこハウス 左官工事

暖かいかと思えば肌寒い日もあったり、
春らしい天候ですね。

ぼっこハウスでは内部の左官工事が進められています。
壁、天井とも漆喰仕上げです。

最初に木鏝で表面を荒らしてから、
金鏝で表面を軽くなでるようなかたちで
抑えていきます。

職人さん曰く
「抑えるというより、少し引きながらならしていく感じ」
だそうです。

いろいろと疑問に感じたことを聴くと、
その場で実際に試しながら
「漆喰を厚くつけすぎるとこうなるんですよ・・・。」
と実演しながら解説してくれました。

質問に対して丁寧に答えていただけて
左官へのこだわりや愛情が感じられ、嬉しいです。

左官の壁や天井が、光を柔らかく受け止めて、
陰翳が表れていく様子が大好きです。

このページのトップへ