ブログ

中秋の名月

朝晩すっかり肌寒くなってきましたね。
昨日は中秋の名月でしたが、
夏にお引渡しをした
「空に月ハウス」の娘さんから
このような写真が届きました。
(ありがとうございました!)

「空に月ハウス」だけに(?!)
お月見の準備はばっちりの様子。

すぐに我が家も真似をして(笑)
お団子を買いに・・・。

そして肝心のお月様は・・・。

少し雲がかかった感じも
素敵でしたね。

subakoハウス 現地測量

工務店さんとsubakoハウスの現地測量を行いました。

subakoハウスの敷地は、
周辺が緑に囲まれています。
そして平らな敷地ではなく、
高低差があるため、
今回はレベルの確認を行いました。

高さのデータとにらめっこしながら、
建物をうまく敷地に着地させたいと思います。

写真中央部付近には桜の木が・・・。

窓いっぱいの桜が楽しめるお家になる計画です!

 

うつろいハウス現場です。

うつろいハウス現場です。
内部のボード張りが進んでいます。

正面が出窓になっています。
この窓越しに緑の景色を楽しみたいと
建て主さんの希望で、大きなFIX窓になっています。
出窓両脇の壁部分に開き戸を設けて
そこから風を取り込みます。

浴室の壁のヒノキ板もとてもきれいです。

もうすぐ家具工事も始まり、
大工さんの工事は終盤を迎えています。
家具工事の中でも特にキッチンは
建て主さんのリクエストで、
これまで私が設計したことのなかった
アイランド型のキッチンになります!

部屋になってきました。

うつろいハウス現場です。

外壁の板金工事が進んでいます。

相羽建設のいつもの板金屋さん。

うつろいハウスの外壁は
杉板張り部分とガルバリウム鋼板の部分がありますが、
まずは細かい水切りなどを板金職人さんが
加工しながら設置していきます。

内部も造作工事が進んでいます。

吹き抜け部を猫君が歩き回るための
ステップです。
小屋裏収納内部を通って、
吹き抜けや窓の景色を楽しみながら
ぐるぐるとまわることができるプランに
なっています。

断熱工事や設備関係の工事も一段落して
いよいよ内部のボードが張られました。
この段階になると、窓の存在感が強くなって
「部屋になってきた・・・。」と感じます。

domadeハウス 地鎮祭

domadeハウス地鎮祭でした。

たくさん友達をよんで、
お子さん達も含めてにぎやかに過ごすことが多いNさんご家族。
デッキとつながるドマ空間を設けて、
ウチとソトを行き来しながら
大人も子どもも
のびやかに遊べるお家です!

施工は相羽建設さんです。

着工までにはまだ少し時間があります。
実施設計図面をこれからしっかりつくっていきたいと思います。

また着工しましたら
現場の様子を紹介したいと思います!

今回の棟梁はだれかな・・・楽しみです。

このページのトップへ