ブログ

瑞牆山に登りました!

山歩きの動画紹介を見て以前から登ってみたかった
瑞牆山に登りました。

瑞牆山に惹かれた理由は、
とにかく頂上からの絶景が素晴らしいこと。

中央高速須玉インターから30分ほどの距離の
瑞牆山荘がスタート地点です。

最初はこのような緩やかなところを
落ち葉を踏みしめながら歩いていきます。

しばらくするとだんだんと勾配がきつくなり、
息が切れて、一休みしようかという頃に・・・

瑞牆山の山頂が!
絶景に気持ちが盛り上がる一方で
あそこまで登れるのだろうかという不安に駆られます。

そしてまたしばらく歩くと富士見平小屋に到着。
テント場があり、何組かの人たちがテント泊しているようでした。
一般客でも100円でトイレが利用できます。

その後、石や岩のアップダウンの道を進んでいきます。

通称「桃太郎岩」。
大きな岩の登りが続きます。

「大ヤスリ岩」と呼ばれるポイントです。
ここをロッククライミングで登る人もいるとのことで
信じられないです!

ハシゴや鎖場もりますが、
それほど怖い感じはありません。
かなりハードな岩場の急登を登り切って

山頂に到着。
山頂からの眺めは本当に素晴らしいものでした。

南に富士山。

南西方向に南アルプス。

西に八ヶ岳。

下をのぞくと、先ほど下から見た
「大ヤスリ岩」も見えます。

コーヒーを淹れて、ぼーっと山々を眺める時間は最高ですね。

一般的なコースタイムは、瑞牆山荘駐車場からの往復で5時間程度。
(休憩時間別です。)
今回私は山頂での30分程度の休憩を含め、4時間で往復していました。
一人で山に登るときは、どうしてもスポーツをしている気分になり、
飛ばしすぎてしまいます・・・。
登りはかなりハードだったのですが、
ゆっくり登ればそれほどでもないかもしれません。
ちょっと反省点です。

帰り道に、12年前に設計した喜里ハウスが近いことに気が付き、
訪問させていただきました。

ちょうどご在宅で、少しだけお邪魔させていただきました。
ご近所の方から野菜をいただいたり、
逆に移動が難しいご近所さんを助けたり、
庭でいろいろな野菜をつくったりと、
山梨での生活は「痛快なできごとばかりです!」と
とても楽しまれている様子でした。

窓から見える南アルプス甲斐駒ヶ岳。
自分が山歩きを始めて、さらにこの住環境が羨ましくなりました!

つどいハウス 小さなリフォーム完成!

以前にこのブログで紹介させていただいた
小さなリフォームの「つどいハウス」が完成しました。

「日常使うモノたちをすっきりと収納できるようにしたいです」
というご要望から、ダイニングスペースの一角に
収納棚と飾り棚を作り付けました。

また月に一度、親戚の方たちが集まって食事会をするときに
普段使っているテーブルを移動したり、
別の小さなテーブルを継ぎ足したり・・・
準備が少したいへんとのお話がありました。

そこで家具のレイアウトや照明の提案をして、
さらに大きさを変えられるテーブルをつくることにしました。

テーブルはhyakkaの岡林さんにつくってもらいました。
写真は車に積んできたテーブルの部品を組み立てる岡林さんです。

これが通常時のテーブルです。
幅800㎜ 長さ1600㎜です。
ちなみにペンダント照明は
flameというメーカーの「galette glass」です。
少しレトロな雰囲気の照明です。

人が集まるときには、
両袖の天板が拡張できます。

拡張時は長さが2600㎜になります。
10人は十分に座ることができます!

クリ材のオイルフィニッシュ仕上げが
本当にきれいです!
設置後、お茶をいただきながらIさんと感動していました。
表面の仕上げは基本的にはカンナで仕上げて、
ヤスリはかけすぎないのが、岡林さんのこだわりだそうです。

今回のお仕事は、しまだ設計室としては
収納家具の設計とレイアウトの提案、壁仕上げ(薩摩中霧島壁)の提案を行い
相羽建設さんに施工いただきました。
ダイニングテーブルについてはコーディネイター的な役割で
設計と製作はhyakkaの岡林さんにお願いしました。

工事終了後Iさんからメールで
「やはり、島田さんにお願いしてよかったです。
とっても居心地が良くて、早く皆を呼んで、
お披露目会をしたくてウズウズしています。」

というメッセージをいただきました。

普段の新築とはことなる部分的なリフォームのお仕事でしたが
喜んでいただけて、本当に良かったです!

レイヤードハウス 外観

ろじにわハウスに続いて、
レイヤードハウスも完成写真を西川さんに撮影いただきました。

施工:相羽建設
造園:ワイルドグリーン
設計:しまだ設計室
撮影:西川公朗

レイヤードハウスは27坪の平屋です。
木ルーバー、植栽、デッキの腰の高さの手摺、庇と
重ね着するように通りとの関係をつくっています。

日差しの強い夏場は、
庇の先端にフックを取り付けているので、
簾やタープを設置することができます。

スロープを歩いて、玄関までアプローチします。

内部の写真は後日紹介します!

太陽と森とハウス 上棟しました!

設計を進めて来ていた「太陽と森とハウス」
本日上棟作業が行われました。

敷地南東方向に小さな森が広がる敷地です。

森の方角に向けて、壁を一部斜めに配置して、
小さな吹き抜けに大きな窓を設けています。

施工は相羽建設さん。
棟梁は徳武さん
監督は橋詰さん
レイヤードハウス、bunchハウスに続いての
メンバーです!

gu pa ハウス お引き渡し

1年前にプレゼンを行い
設計監理をすすめてきたgu pa ハウスのお引き渡しでした。
施工は丸清さんです。

前日の夜に、照明器具などの最終確認に現場に立ち寄りました。
書斎は本棚に囲まれた空間です。
少しレトロな雰囲気のペンダント照明が4つ並びます。

こちらはキッチンのミニペンダント照明。
安土草多さんの作品です。
夜にまわりの照明を消すと

ガラスの凹凸でできる陰翳が天井や壁にうつり
幻想的な空間になります。

お引き渡しの記念撮影。
お子さんたちはハロウィンの仮装でご機嫌でした!

お引き渡し後にメールで

「いい方達との巡りあわせもあり、gu pa ハウスという素敵な家が建ちました。
ものづくりはやはりいいなあと感じることができました。
日々大切に生活していきたいです。」

という内容のメールをいただきました。

新しい生活がはじまり
少しずつKさんご家族らしいお家になっていくことと思います!

このページのトップへ