ブログ

ひとの居場所をつくる

冬に向けて寒くなってきましたね。
明日は少し暖かくなるようですね。

ミズニワハウスが完成して、
ここのところは次の現場の
エンガワハウスの申請と実施設計をつめています。

どこのお家の計画でも、
着工前は、
ひたすら実施設計の図面を描く日々が続くのですが、
着工が迫ってくるこのタイトな感じが、
結構好きだったりします・・・。

この時期に一日中予定のない日などがあると、
「よし、今日は気合を入れていくぞー!」
となるわけです。

さて今日は最近読んで面白かった本を紹介します。

西村佳哲さんが書いた
「ひとの居場所をつくる」
~ランドスケープ・デザイナー 田瀬理夫さんの話をつうじて~
という本です。

西村佳哲さんは、以前にブログで紹介した
「自分の仕事をつくる」や
「自分をいかして生きる」の著者です。
さまざまな人たちの仕事への姿勢を通して、
いきいきと生きていくことについて、
いろいろと語っています。

田瀬理夫さんは、福岡のアクロスで
大階段状の建物に、すさまじいばかりの屋上緑化、
というよりは山を一つ作ったような、
ランドスケープをされた方です。

私も以前にいた会社で、
一度だけ仕事をご一緒したことがあります。
となりで、クライアントへのプレゼンを聴いていると
たんたんと語っているのですが、
気が付くとあっと驚くような計画案を提案している・・・という感じの方でした。

その田瀬さんが中心になって、
岩手県の遠野市で、昔は盛んだった
馬と人との暮らしを復活させて、
その営みが美しい風景を取り戻していくというような(これは私の勝手な解釈ですが。)
壮大なプロジェクトが進められています。

その計画の話に沿いながら、田瀬さんがランドスケープへの考え方や
今の社会、そしてこれからの社会について考えていること
が語られていきます。

本の中ではいくつも印象的な言葉が語られていましたが
一つを紹介します。

「その地域に住んでいる人たちが、
本当に夢中になてやっていることが表に出てくるというか。
それが結果としてまちにもなれば、景色にもなる。
そういうのがいいんじゃないかと思うんですよ。
本物をやるというのはそういうことでしょう。」

人々の営みが景色をつくっていく、
その営みからデザインしていくのが本当のランドスケープデザイン
なのかもしれませんね。

 

インドアな週末

本当に急に寒くなりましたね。
お風邪などひかれていないでしょうか。

という私が、週末は調子がいまいちでした・・・。

ということで、インドアな週末でした。

島田家名物(?!)
ダイニングテーブルテニス。
つまりダイニングテーブルを使った卓球ですね。

半年ぐらい前だったか、我が家で大ブームになった卓球。
久々に燃えました!

そしてこちらも最近さぼり気味だった

週末料理特訓です。

また肉野菜炒めです。

まあ教える側のバリエーションも多くないので
こうなります・・・。

でもまあ、少しづつは上達しているかな?!

イベント紹介 建築的まち歩き

みなさんこんにちは。
天気予報によると今日から寒くなるようですね。
我が家のペレットストーブも
活躍する時期でしょうか・・・。

夏休みに「模型教室」を行った
「あいらぼ」で企画している暮らしの学校。

今週末第3回目のイベントが開催されます。

イベントはその名も「建築的まち歩き」

カメラを片手に、テクテク歩きながら身近にある東村山を再発見しましょう!
という企画です。

案内人は 市川設計の市川淳さんをリーダーに
にしお設計室の西尾春美さん
徳田英和設計事務所の徳田英和さん の3名です。

地元産の食材を使った“あたたかい”昼食も食べれるようです。

現在参加受付中です。
気になる方は是非以下までお電話下さい。

相羽建設:0120-145-333

暮らしの学校 第4回はカヅノキハウスで
ペレットストーブの暖かさを感じてもらう企画を行う予定です。
年明けの企画なので詳細はこれからですが、
こちらもよろしくお願いします!

 

薪ストーブ 火入れ。

先日、ミズニワハウスの薪ストーブに
はじめて火が入りました。

設置工事をしてくれた
ファイヤーライフの木下さん指導のもと
遠藤さんが火入れを行いました!

緊張の一瞬!!

ヒノデハウスで薪ストーブと出会って、
だんだんと薪ストーブへの思い(?!)がつのっていった遠藤さん。

火入れの瞬間は、
「いよいよこの時が来た!」という感じで
なぜか私まで感慨深い気持ちになりました・・・。

お子さんたちも、落ち着かない様子で見守ります。
うちはペレットストーブですが、
暮らしの中に「火」があると、
冬の楽しみが一つ増えますよ。

薪を集めて、割って、乾かして、火をつけて・・・
少し手間はかかりますが、
薪ストーブはかけがえのない時間をつくり出してくれると、
感じています。

毎日忙しい暮らしの中で、
手のかからないものへ行ってしまいがちですが、
何か一つでも、
あえて手間をかけて、
丁寧に向かい合うような・・・
そんな時間を持ちたいですね。

ああ、
また遠藤家のお酒の量が、
増えてしまいそうです・・・。

 

Hidamariハウス 竣工写真 2階です。

Hidamariハウス竣工写真です。
今回が最終回。2階です。
撮影は西川公朗カメラマンです。


2階に上がるとまずキッチンがあります。
キッチンもすべて、大工さんと建具屋さんに制作してもらったものです。
このキッチンに立ってダイニング側を眺めると・・・

家族のくつろぎのスペースに向き合います。
家族のスペースでは、ダイニングテーブルが主役ですが、
写真でお子さんが腰かけている窓辺や、
小さな畳のリビングに段差を設けて、
なにげなく座れる場所をたくさん用意しています。

またキッチンからはダイニング、畳スペース、デスクスペースなど、
いろいろなところに目が届きます。

ダイニング側からキッチンを見ると・・・

キッチンの奥に中2階のライブラリースペースと、
その上のロフトが見えます。
写真で見ても奥行き感が感じられるように、
実際それぞれのスペースが、
段差があることで、程よい距離感が生まれています。

最後に西川さんが今回撮影してくれた中で
私が一番好きなシーンです。

外から入ってくるやわらかい光と、
それと・・・

モデルが最高ですね!

このページのトップへ