ブログ

1年点検

2月8日

昨日Bulatハウスの1年点検に伺いました。









コア建築工房の大谷さんと見て回りました。
建具が固くなっていたり、塗装がはがれてしまっている部分など
いくつか手を入れてもらう箇所を確認。

やはり木製建具は伸縮したり反ったりしますね・・・。
数年経つとかなり落ち着くとは思います。

あと吹き抜けの手摺の高さ低くて少し不安を感じる時があるとのことで
現場で高さを確認して、少し高くすることにしました。
生活の中でいろいろな動きをする中で、
はじめて不安を感じるところもあるのですね。

今の手摺を活かしたかたちで、少し高さを上げる方法を大谷さんとその場で検討。
現場監督、頼りになります!

大きな吹き抜けがあるのでこの冬寒くないか心配でしたが、
「この家は暖かい!」
との感想にほっとしました。
OMソーラーも効いているようです。











1年も経つと、いろいろと生活のものが置かれて
その家族らしさが出てきていい感じになってきますね。


1年点検のあとは西に足をのばして
倉敷、閑谷学校、姫路城と建物見学へ行きました。
本当にどこも素晴らしかった!

また後日写真で紹介します。

 

節分

2月4日

昨日は節分でしたね。

Hidamariハウスの現場近くの神社で買ってきた福豆で
豆まきをしました。




今朝は家中豆だらけでした・・・。


そして恵方巻




各自好きなものを巻きます。
マグロ、キュウリ、タマゴ、納豆、肉・・・
恵方巻の中身はどんなものでも、ごりやくはあるのでしょうか?

恵方巻は、「幸福を巻き込む」とか
ながいまま1本食べることで
「良い縁を切らない」との意味があるとのことです。

そして今年の恵方、南南東を向いて一気に食べます。
食べている間はおしゃべり禁物。
願い事を唱えながら食べると願いが叶うそうです。

子どもの頃、兄と互いに笑わしあいながら食べたのを思い出します。




しゃべれないと思うとなぜかおかしくなる子ども達。
必死に笑いをこらえながら食べていました。

食べ終わった後一声

「あっ、願い事唱えるの忘れてた・・・。」

また来年頑張りましょう。

秋の中庭

11月25日

荏田町の家のAさんからお誘いをいただき
遊びに行きました。

荏田町の家は中庭のあるお家。
完成して2年のお家ですが、
庭の木々が成長し、
部屋の中から見る中庭は
訪問するたびに感じが良くなるので毎回楽しみです!







手作りのチキンバターカレーやチーズホンデューなどなど
本当においしかったです。
ご馳走さまです。

関わったお家に遊びに行き、あれやこれや話をしながら
いろいろと工夫しながら暮らしを楽しんでいる様子をうかがうのは
私にとって宝物の時間です!





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新築パーティー

10月7日

カエデハウスにお招きいただきました。

住み始めて約3カ月が経ちましたが
お家のなかにお花を生けたり、
新しいキッチンで手作りデザートをたくさん作ったり、
新しい生活を楽しんでいる様子が、とても印象的でした。

佐久間棟梁と石井大工、相羽建設の荻野監督と遠藤さん
そして私たち家族で大人数になりましたが、
本当においしい料理とお酒で、思い出話やなんやらで盛り上がりました!
ありがとうございました。





娘さんのピアノ演奏もありました!





佐久間棟梁も楽しそう・・・。





ダイニングテーブルで大人たちが酔っぱらって盛り上がっている間、
リビングでは子ども達が遊んでいましたが、
少し区切られながらもつながっている
この距離感がいい感じになっているかな・・・と思いました。


大工さん達にも、私たちにも幸せな時間でした。

今後とも末長くよろしくお願いします。

名住宅見学

10月21日

住宅設計をする設計者として
最も大切な勉強法の一つに
いい住宅を体感することがあると思います。

ここのところ機会に恵まれいくつかの
すばらしい住宅を見学することができました。

まずは吉村順三さん設計の「自由が丘の家」





写真は見学会パンフレットより転載しています。

吹き抜けの南側を低く抑え
2面に開口部を設けたソファコーナーは
とても快適な空間でした。
築57年で傷んできているところも見られましたが
全体のプランニングや心地の良い場所づくりへの設計者思いが
説得力をもって伝わってきました。

次は吉田五十八さん設計の旧倉田邸
こちらも同じく築57年。
吉田五十八さんの設計した住宅で現存するものは
数少ないとのことですが、
自分の設計した住宅も、永く住み継がれて行ってほしいと強く感じます・・・

そしてお次は新しくなりますが
永田昌民さんのお家。




永田さんのご自宅と
相羽建設の社長さんのお宅の2軒を見学させてもらいました。
実はこの2軒のお家を見学するのは3回目ですが、
今回もやっぱり良かったです・・・。
天井高を抑えた、包み込まれるようなスケール感や
余分なものをそぎ落としながらも、優しさが共存する感じが心地いいです。


心地の良い空間について、
言葉で表現することは難しいので
やはり体感するのが一番。

お家づくりを考えていらっしゃる方は
見学会などの機会を見つけて
住宅を「感じる」経験をすることお勧めします!

このページのトップへ