ブログ

父親のたくらみ

新年度、新しい生活がはじまりましたね。
我が家は長男が中学入学です。

まだ制服がブカブカです・・・。

長男が中学に入学したのを機に
私のひとつのたくらみを実行しました。
我が家は妻も働いていて、
私が独立してからは、
普段は自宅と仕事場が一緒の私が食事の用意をします。
そこで、子供たちに料理を教え込んで楽しよう・・・
(いやいや料理は作れた方が子供たちの将来のためだと思い)
とのたくらみから、
毎週土曜日の昼食は子供たちに任せることにしました。

とりあえずは肉野菜炒めからスタート。

はじめはめんどうかもしれないけど、
いつの日か、
「料理鍛えてもらってよかったよ!」
と思う日が来るはず・・・?!。

カエデハウス訪問

日曜日は春の嵐のような風が吹きましたね。

カエデハウスにお邪魔しました。
カエデハウスは引っ越されてから初めての春。

ジューンベリーの花が咲いていました。
赤い外壁に白い花が映えますね・・・。

エントランスにも花を飾って
「緑のある生活」を楽しんでいる様子でした。
陶器の鉢は陶芸家の建て主さんのお姉さんの作品。

お庭で育てたミントでつくった
モヒートをご馳走になりました!
作家のヘミングウェイが愛したお酒だそうです。
「老人と海」また読んでみようかな・・・。

明日中学入学の長男にケーキのサプライズ!
感激しました!!

トキワマンサク満開です・・・。

ここ数日は春らしい天気でしたね。
先日も紹介したカヅノキハウスのトキワマンサクが満開です!


カヅノキハウスに来て5回目の春ですが、
植物も育ち、年々きれいな花をつけてくれるようになりました。
通りがかりの人からも、
「このお花はなんですか?」とよく聞かれます。
でもこのトキワマンサクの花、
週末の嵐で散ってしまうかも・・・。


そして我が家のシンボルツリーも
葉を出し始めました!

ミズニワハウス型枠確認 

今日は本当に良い天気ですね。
ミズニワハウス現場までの道のりは
ケヤキ並木を歩いていきますが、
新緑が芽吹いてきて気持ちいいです!

現場は基礎立ち上がりの型枠工事が終了。
明日はコンクリート打設です。


このあと少し時間をあけて、
4月18日には上棟予定です!

上棟、何度体験してもワクワクする時間ですね・・・。

おすすめ本 「パン屋の手紙」 中村好文著 

冷たい雨が続きますね。
こんな日には仕事を休んで、家でゆっくり本でも読みたいものです。
(無理ですね・・・。)
今日はおすすめの本を紹介します。

「パン屋の手紙」 中村好文著

まず表紙にそそられませんか(?!)

北海道のあるパン屋さんから
設計依頼の手紙が届くところからこの話ははじまります。
中村さんとクライアントのパン屋さんが手紙やメール、
時には打ち合わせで対話を重ねながら、
お互いを理解し、計画が固まっていく過程が描かれています。

時にはちょっとした気持ちの行き違いもありながら、
パンを焼く作業場とお店が出来上がっていきます。

先日、落語家の5代目柳家小さん師匠のドキュメンタリーが
テレビでありました。
落語好きの私はビデオを録画してみました。
その中で小さん師匠が、
「噺(はなし)には落語家の人柄が全部出る。
いやしい奴のはなしは、いやしい噺、
素直な奴のはなしは、素直な噺・・・」
というようなことを語っていました。

われわれ設計者の間でも、
「建物には設計者らしさにじみが出る」といいます。
でもこの「パン屋の手紙」を読んでいると
「設計者とクライアントの対話が、建物ににじみ出て現れている!」
と感じました。

そして設計者にとっては、
そんなクライアントとの対話の時間が宝物になっていくんだと思います。

このページのトップへ