ブログ

ゴールデンウィーク!

ゴールデンウィークですね。 みなさんいかがお過ごしでしょうか。

私はカエデハウスのご家族を含む3家族で、
山梨にキャンプへ行きました。
南アルプスをのぞむ本当に自然が満喫できるキャンプ場・・・。
喜里ハウスにも結構近い場所ですが、
このあたりはとにかく山岳景観が素晴らしいです。

テントを設営した後は、
川で遊んだり、
焚き木を集めたり、
コーヒーをいただきながらゆっくり山をながめたり、
晩御飯の準備をしたり、
お酒を飲みながらたき火したり・・・。

 

 


やはりたき火は「最高の遊び」ですね・・・。
子どもたちも何時間もあきずに、火を眺めていました。

キャンプをされるかたはみなさんそうでしょうが、
「シンプルなことを丁寧に時間をかけて楽しむ」感じがいいですね。

そして突然ですが、おすすめの本です。
「シンプルなことを丁寧に時間をかけて楽しむ」
ことを実践しているご夫婦の本です。

「あしたも、こはるびより。」 つばた英子 つばたしゅういち 著

知り合いの建築家の方が勉強会で紹介していた本なのですが、
おもしろそうで、すぐに買って読みました。

本の内容は、1925年生まれのご主人と、
1928年生まれの奥さんの二人暮らしの様子を紹介した本です。
名古屋市近郊のニュータウンに、
200坪のキッチンガーデンと30坪の雑木林、
そして72㎡の平屋での暮らしは、 野菜や果物を育てて、
それに手をかけ料理をしたり、 編み物や刺繍をして過ごす日々。
旦那さんは、家の修理も自分の手でします。

そしてご夫婦の暮らしぶりには、
さまざまな工夫がちりばめられていて、
さらになんといっても、センスがすばらしいのです!

合理的にちゃっちゃと過ごしてしまいがちな毎日ですが、
「シンプルなことを丁寧に時間をかけて楽しむ」こと
の 素晴らしさを感じました。

こんなおじいちゃんになりたいなあ・・・。

ミズニワハウス上棟式

ミズニワハウス上棟式でした!

上棟式の時は大工さんが即席でテーブルを作ってくれますが
そのテーブルの長さが1.82m×5枚=9.1m・・・。

建主の遠藤さんのご親戚や相羽建設の社員の方
そしてもちろん職人さんたちをあわせて50人は集まったのではないでしょうか。
大宴会でした!

遠藤さんが挨拶で、
「親子4世代にわたって住み続けた・・・」
と建てなおす前のお家について話していたのが印象的でした。
以前のお家には打ち合わせで何度もお邪魔しましたが、
遠藤家の暮らしぶりは、ちょっと「昭和の面影」が残る
それは素敵な雰囲気でした。

新しいお家にも素敵な歴史が刻まれていくと思います。

少し酔った山本棟梁は
「俺はこの家を5世代以上住みつがれる家にする!」
と熱く語っていました。
頼もしいです。

サプライズで遠藤夫妻の
ミニ鏡開きもありました!
遠藤家らしいにぎやかな上棟式でした。

そして
今日はちょっと二日酔い・・・。

モッコウバラ花盛り

週末は春とは思えない寒さでしたね。
週明けはうってかわって、青空が気持ちいいです。
カヅノキハウスはモッコウバラが花盛り。


植物たちが成長して、緑や花越しに事務所がうかがえる・・・
そんな感じになってきました。

そして週末料理特訓3回目は、
チャーハンとなめこ汁でした。

豆腐はまだ手の上では切れないようです・・・。

中華屋さんのように、ごはんパラパラとはいきませんが、
「空腹」と「自分たちで作った満足感」が最高の調味料
といったところでしょうか。

夜は木工教室!?

ご近所さんや通りがかりの方から
樹木の名前を聞かれることが多いので
樹名板をつくったら面白いかな・・・
と以前から思っていました。

サンプルでいらなくなった木材に
彫刻刀でざくざく・・・。

インドアな週末でした。

週末料理特訓

先週から開始した子どもたちの週末料理特訓。
そもそもこの特訓(?)のきっかけは、
当時小学3年生だった次男が
おやつを食べようと包丁を持ち出して
リンゴを切った時に指を切ってしまって
2針縫うけがをしたことでした。
「これはちゃんと教えなきゃ・・・」

そして今週のメニューは・・・


「うどん」でした!

「お父さんが作ったのよりおいしいな!」と自画自賛。
すでに師匠を超えたか・・・。

父親のたくらみ

新年度、新しい生活がはじまりましたね。
我が家は長男が中学入学です。

まだ制服がブカブカです・・・。

長男が中学に入学したのを機に
私のひとつのたくらみを実行しました。
我が家は妻も働いていて、
私が独立してからは、
普段は自宅と仕事場が一緒の私が食事の用意をします。
そこで、子供たちに料理を教え込んで楽しよう・・・
(いやいや料理は作れた方が子供たちの将来のためだと思い)
とのたくらみから、
毎週土曜日の昼食は子供たちに任せることにしました。

とりあえずは肉野菜炒めからスタート。

はじめはめんどうかもしれないけど、
いつの日か、
「料理鍛えてもらってよかったよ!」
と思う日が来るはず・・・?!。

このページのトップへ