ブログ

ミズニワハウス 見学会

完成が近づいている
ミズニワハウスの見学会のお知らせです。


場所は埼玉県ふじみ野市です。

参加を希望される方は
メールにてお問い合わせ下さい。
案内図などメールさせていただきます。

是非お越しください!

 

ミズニワハウス 錆仕上げ衝立?! 内部建具も設置

ミズニワハウス現場です。

オザメタルスタジオの小沢さんに依頼していた、
錆仕上げのキッチンカウンターの衝立もついに現場設置です。
まずは・・・

家具工房ラボラトリーさんの庭先に、錆を促進させるために
埋めさせてもらっていた衝立を掘り起こします。

次に小沢さんが丁寧に泥を洗い流して行きます。
根気のいる作業です・・・。

一方ラボラトリーの田中さんは

ダイニングテーブルの最終段階作業中。

サクラのダイニングテーブルです。
「本当に質のいいサクラでしたよ」と田中さんも太鼓判。

そしていよいよ現場に移動です。

慎重に設置していきます。
錆仕上げ、とにかくかっこいいです。
是非見学会で実物を見てください!

内部の木製建具も設置されていきます。
こちらは玄関を仕切るナラ材を使った建具です。
あとは・・・

まだ紙が張られていませんが、
寝室と吹き抜けの間の障子です。

テラスデッキも完成しています。

近日中に見学会のお知らせします。
日程は10月12日,13日,14日の3連休です。

ミズニワハウス 漆喰塗り

ミズニワハウス現場です。

いよいよ内部の漆喰塗りがはじまりました。

左官職人さんが現場で材料を混ぜ合わせ、
コテで漆喰を塗っていきます。

4日間で塗り終える予定とのこと。
次回現場に行ったときは、
リビングやダイニングの壁が、
漆喰壁になっている予定です!

そして次回の現場では、もう一つ楽しみが・・・。

ミズニワハウス 外壁工事 漆喰下地

ミズニワハウス現場です。

まずは外壁。
ガルバリウム鋼板も張り終わりました。
Hidamariハウスに続き、ミズニワハウスでもダークブラウン色です。


足場がまだとれないので全貌はお預けです・・・。
内部は漆喰壁の下地やタイル工事がすすみます。

この上に漆喰が塗られていきます。
トップライトからの光で壁がきれいに照らされるでしょうね。

こちらはリビングの壁です。
上下の開口部には建具が付きますが、
夏場は開けておくと風の通り道になります。

こちらは廊下の壁を利用した大きなコルクボードです。
ご家族の写真や作品が張られるのでしょうか。
それとも予定表や努力目標が張られるのか・・・。
家の中での移動途中にふと目にとまり、足がとまる場所になると思います。

キッチン横のタイルとコルクボード仕上げです。
ここのコルクボードにはレシピや買い物リストなど
実用的なものを張っておくのに重宝すると思います。

見学会はまだ少し先ですが
10月12日(土)13日(日)14日(月)の3連休を予定しています!

 

 

 

 

 

 

ミズニワハウス 外壁工事・タイル工事

ミズニワハウス現場です。

ガルバリウム鋼板の外壁工事、内部のタイル工事がすすみます。

ミズニワハウスでは、様々なタイルを仕上げに使っています。
例えば・・・

これは1階のトイレです。
腰壁をモザイクタイルにしています。

2階のトイレは色違いのモザイクタイルです。
そして薪ストーブの背面の遮熱層の壁にも・・・

オフホワイトのモザイクタイルです。

落ち着いた良い感じの質感なので
国耐耐火工業のタイルを使ってみました。

こちらは外壁です。
建築家の伊礼さんデザインの外壁のガルバリウム鋼板「ZIG」
(タニタハウジングウェア)です。
遠藤さんのご希望で採用しましたが、
シャープできりっとした感じの外壁になりそうです。

玄関まわりこんな感じです!

 

このページのトップへ