ブログ

Hidamariハウス 造園工事

3月15日
Hidamariハウス造園工事です。

今日でほぼ完成!

アプローチ部分やバスコートに植栽が施されます。

植栽が入るとアプローチが生き生きしてきます。

数年たつのが楽しみですね。

こちらはバスコートのヤマモミジ。

バスコートは日当たりの条件が良くないので 比較的日が当たらなくても

生育する種類を 秋津造園さんにも相談しながら決めました。

こちらも葉っぱが芽吹いてくるのが楽しみです。

明日、明後日はいよいよ見学会です!

来ていただいたみなさんとどんなお話ができるか 遠足の前日気分です。

今夜は寝れるかな・・・。

そしてもう一つお知らせです。

しまだ設計室のホームページをリニューアルしました。

作成を依頼したのは株式会社インディさん。

新しいホームページアドレスは http://kazunoki.com

以前のホームページにアクセスしても、 新しいホームページに

自動転送されます。

またグーグルで「しまだ設計室」と検索しても大丈夫です。

しまだ設計室らしいホームページができたと思います。

是非ご覧ください!

Hidamariハウス 造園工事

3月8日

今日は本当に暑いくらいでしたね。
もうすぐサクラが開花してしまうのではないでしょうか。

Hidamariハウス現場です。
現場通いも今日で21回目。(20回目の時に書き忘れたので、半端ですが・・・。)

外まわりの工事です。
アプローチは大谷石です。

この後樹木を植えていきます。
この工事が終わればほとんど完成です。
現場の監督さん、職人さんたちが本当に頑張ってくれて
外部も内部も図面以上のものになったと感じます!
感謝です!!

 

1階の寝室には木製のルーバーの戸と障子を設けています。
その時の状況や気分に応じていろいろ変化を楽しめます。
まず普通に障子を閉めると・・・

こんな感じです。
そしてもう少し外を感じたいと思ったときは、

雪見障子で下部が解放されます。
(まだ工事の道具類が置いてありますが・・・。)
デッキには木製の柵がついているため、外部からの視線も気になりません。


そして夏の夜なんかに、窓を開けたいときには

うちの地下にもこの建具を入れていますが、
防犯上も安心ですし、
ルーバー越しに差し込む光が、朝なんかとてもきれいです。

建具工事 ガラス工事

3月1日

もう3月ですね。
花粉症の私は、春の訪れを手放しで喜べないところがツライ・・・。

Hidamariハウス現場です。

南東方向からの外観です。
まだ植栽など外構が途中です。
シンボルツリーのヤマモミジが植えられるのが楽しみです。

こちら玄関。
真正面にミツバツツジを植えました。
4月から5月にかけてきれいに花を咲かせる樹木です。
朝「行ってきまーす。」と玄関戸を開けると、
「おはよう!いってらっしゃい。」と見送ってくれるようなイメージ・・・。

玄関の中はこんな感じ。
靴を履くときのベンチ代わりにもなります。

そしてこちらは中2階と家族のスペースをつなぐ階段。
奥の窓の外に、お向かいの竹の緑が見えますね。
そしてこの緑に誘われ階段を上っていくと・・・。

こんな感じです!
東側の窓は高さを椅子ぐらいにして、腰かけるイメージ。
ここに腰かけるとどんなイメージになるのか、
このブログの最後に紹介します。

今日は永坂木工所さんが建具の取り付けに来ていました。
戸袋の戸板が開けにくかったので、
指がひっかかるように穴をあけてもらっているところ。
てっきり電動ドリルを使うかと思いきや、
こんな手動の道具を使っていました。
ドリルだと力加減が難しく、
木が割れたりすることがあるそうです。

そしてくるっと振り返ると・・・

キッチン、そして奥に中2階とロフトが見えます。
Hidamariハウスは、中2階と2階は基本的にひとつながりの空間ですが、
高低差と家具配置で、比較的小さなスケールで空間が仕切られています。
空間の仕切りは小さめですが,とても奥行き感がある、
そして何より楽しい空間になりました!


3月16日(土)17日(日)に見学会を行わせていただきます。
この楽しい空間を是非感じに来てください!
見学希望の方は
kazunoki@nifty.com
までメールを下さい。

そして最後に・・・

島田貴史 窓辺で自分撮り・・・。

「Hidamariハウス」カテゴリーのブログ

過去の「Hidamariハウス」カテゴリーのブログ記事はエキサイトブログでご覧下さい。
http://kazunoki.exblog.jp/i17/

建具工事 ガラス工事

3月1日
もう3月ですね。
花粉症の私は、春の訪れを手放しで喜べないところがツライ・・・。
Hidamariハウス現場です。
続きを読む

このページのトップへ