ブログ

domadeハウス 建具枠

doamdeハウス 現場です。

木製建具枠工事が進んでいます。

木製建具の枠は図面をもとに
相羽建設の加工場である程度加工したうえで
現場に搬入されます。
写真は加工された建具枠です。
現場にあわせて仕上げを行った後
設置されていきます。

きれいに溝をついています。

大工さんに最近寒くて大変でしょう?
ときいたら
「OMソーラーの暖気が入ってくるから楽ですよ」
とのこと。

最終的には床下に暖気がまわりますが
今はこんな感じで室内に直接吹きだしています。

そして屋根の断熱工事も行われました。
セルロースファイバーを200㎜いれています。

施工はマツナガさんという
セルロースファイバー施工の専門会社です。
セルロースファイバーは新聞紙をリサイクルした断熱材で
専用のシートを張ったところに断熱材を吹き込んでいく工法です。
経年で断熱材が沈下するのではないか・・・
と懸念されることもあるのですが
マツナガさんは麻の繊維を混ぜ込むことと
断熱材の密度を上げることで沈下防止策を行っているそうです。
また28年分の振動試験を行ったとのことで
実験での検証も行っているとのことです。

それと最後におまけ。

雪が解けていないだろうと
ジョギングでのコース設定で公園内はさけていましたが
今日久々に公園を走ってみました。

雪がまだ残る公園を走るのは
気持ちよかったです!

 

このページのトップへ