ブログ

concaveハウス 配筋検査

concaveハウスの現場が
本格的に始まりました。

今日は配筋検査。
基礎の鉄筋が図面通りに施工されているか、
鉄筋の種類や間隔、補強部分の処理
アンカーボルトなどを確認していきます。

しまだ設計室では構造部の計算、設計は
H&A構造研究所にお願いしています。

配筋検査と木構造が組みあがった時の検査の2回は
構造の専門家が現場確認を行います。

H&A構造研究所の東條さん。
東條さんにはカヅノキハウスのときから
ずっとお世話になっています。

私一人の判断では正直迷う部分も
いろいろと相談にのてくれるので心強いです!

配筋はとても丁寧で一安心でした。

このページのトップへ