ブログ

concaveハウス 断熱工事

なんと早くも梅雨が明けましたね。
すこし驚きました・・・。
今年の夏は長くなりそうです。

concaveハウスの現場では
断熱工事行われていました。
屋根の断熱はセルロースファイバー。
新聞紙をリサイクルした断熱材です。

まずは断熱材を入れる分のスペースを確保するために
野地板の200㎜下に専用のシートを張ります。
そこにセルロースファイバーをどんどん吹き込んでいきます。

そうすると屋根面に隙間なく断熱材が充填されて
固いマットレスのような状態になります。

これで大工さんたちの現場作業も
暑さがしのげるかな・・・。

1階玄関の木製建具枠です。
柳原棟梁が加工してきた枠材を
組み立てていきます。

柳原棟梁と樋口監督が打ち合わせ。
若い二人がしっかり現場を進めています!

外壁のガルバリウム鋼板小波板。

順調に進んでいます。

このページのトップへ