ブログ

bunchハウス 断熱材施工

bunchハウスの現場です。
外部はガルバリウム鋼板の屋根工事、
内部は断熱材工事が進んでいます。

屋根の断熱はセルロースファイバーです。
シートを張って穴をあけ、
新聞紙のリサイクル材が原料のセルロースファイバーを吹き込んでいきます。
厚さは200㎜。
小学生の時に体育館にあったマットのように
パンパンになるまで吹き込みます。

壁は高性能グラウスール24KG 厚みは120㎜です。
この後気密シートを張っていきます。

これから現場も暑くなってきますが、
断熱材が施工されるとかなり暑さが軽減されます。

徳武棟梁は床を張ったり

サッシ枠やスクリーンボックスを設置しています。

定例打合せに建て主さんも来ましたが、
いろいろな職人さんが作業している様子、
来るたびに家ができていく様子を
楽しまれています!

このページのトップへ