ブログ

陰影のある空間

kotaハウス現場です。

外壁のガルバリウム鋼板張りが進みます。

勝手口から続く庇も屋根と合わせて赤にしています。
小さな庇を勝手口とアプローチに設けていますが、
このちょっとした庇が、暮らしの中で活きてくると感じています。
また外観に陰影ができることで大きな壁のイメージが緩和され、
佇まいに親近感が生まれます。

内部は下地のボード張りがほぼ終わりました。
kotaハウスは南側のお隣のお家が近いため、
吹き抜けを設け2階から自然光を取り入れています。
明るい吹き抜け部分の奥には
落ち着いた明るさのkotaルームがあります。
家の中に陰影をつくることで、
開放的な場所と、少し籠った感じの落ち着く場所を設けています。
さらにkotaルームの南側の壁を印象的に照らし出すために、
小さなトップライトも設けて、
陰影が幾重にも重なるイメージとしています!

このページのトップへ