ブログ

週末は お引渡しと 炎のある暮らし

年の瀬も押しせまって来ましたね。

この週末は
うつろいハウスのお引渡しでした。

建て主さんとは
2016年2月にお問い合わせいただいたことをきっかけに
土地探しの段階からいろいろと話をしてきました。

2016年10月に敷地が決まってから
たくさん打ち合わせを重ねて、
今日のお引渡しの日を迎えました。

最初にお会いした後の建て主さんからのメールで

「雨なので部屋にこもって過ごそうと決めたのに
『雨がやんだ』というのを残念がる内容です。
素敵です。是非。」

というメッセージとともに
池間由布子さんの『雨がやんだ』という曲を
紹介してもらいました。

まさか見楽会で池間由布子さんの
ミニライブを開催することになろうとは・・・
ちょっと感慨深いです。
『雨がやんだ』は本当にいい曲で
ミニライブの時にリクエストさせていただいて
生で聴くことができて、幸せでした。
このような機会を本当にありがとうございました。

と思い出話にひたってしまいましたが、
建て主さん家族にとっては、
これからが生活のスタートです。


ネコ君たちも、入居です。
ミルクちゃんは、かなり警戒しながらも
光の間をぐるりと一周。

ロフトの小窓までたどり着きました。

一方オリーブ君は・・・

見慣れない場所に、
緊張気味・・・でした。


帰り際に出窓を見ると
ガラスに顔を押し付けるミルクちゃん。
キャリーバッグに身を隠すオリーブ君が見えました。

建て主さんが描いていた風景ですね!

そして日曜日はあいらぼ企画のイベント
カヅノキハウスで「炎のある暮らし」を開催しました。
「炎のある暮らし」はこれまでで4回目の開催になります。

実際にペレットストーブの炎を感じていただきながら
ストーブの仕組みや操作方法、メンテナンス、
燃料の木質ペレットの製造方法やコスト、
薪ストーブとの比較やストーブの配置計画について
お話ししました。

午前の会は3組で大人の方4人
午後の会は6組で大人の方12人
子どもの方6人(赤ちゃんも含みます(笑))
に参加いただきました。

午前の会はゆったりとした時間の中
ストーブの炎を感じていただき
午後の会はにぎやかななか、
どんどん質問もいただきました。

ストーブだけではなく
建物もじっくり見ていただきました。
造りつけの木製建具や仕上げ材などに
興味をもたれる方が多い印象でした。

ペレットストーブは我が家でも9年使っていますが
暖かくて本当にお勧めですよ!

このページのトップへ