ブログ

板金工事は手作りの技?!

今日は日差しが暑いぐらいでしたね。
明日からは急に気温が下がるようで
みなさん体調には気をつけましょう。

うつろいハウスは外壁工事が進んでいます。

今回はガルバリウム鋼板と杉板張りの
2種類の外壁材を使っています。

ガルバリウム鋼板はこんなに長い板を搬入してきて
さらに現場で窓や屋根勾配にあわせてカットした後に
設置となります。

写真ではわからないと思いますが
段ボールの切れ端に、
現場で計測した建物の各所の寸法が書き込まれていて
それを見ながらガルバリウム鋼板に下書きをして
手でカットしていきます。

このような道具を使って
切ったり、曲げたり、伸ばしたり、たたいたり・・・。
一見硬くて冷たい鉄の板ですが、
よくよく見てみると、職人さん達の手の跡をうかがうことができます。

正面は杉板の上にリボスという木材保護塗料の
グレーを塗った仕上げになります。
写真の板は塗装を1回かけた状態で、
この後もう一度上から塗装します。

内部も進んでいます。

光の間はとてもかわいらしいスケール感の
部屋に仕上がってきています。

猫君たちの「うつろいルート」もばっちりです!

このページのトップへ