ブログ

松本旅行 2 松本、安曇野建築散歩

松本旅行 2 です。

松本周辺には素敵な建築がたくさんありますが、
今回も短い日程の中でいくつか見学してきました。

まずは松本市美術館です。
設計は宮本忠長さん。長野県出身の建築家です。
一見モダンな建築に見えますが、どこか和風で、土着的な雰囲気が漂います。
松本出身のアーティスト草間彌生さんの作品が迎えてくれます。

このような中庭があって、奥に低層の建物が配置されています。
この空間がとても心地よかったです。

松本市美術館の近くに、伊藤豊雄さんの松本市民芸術館もあります。
エントランスホールをちらっと見学。
開演前の高揚感を演出する階段ですね!

そして松本から少し足を延ばして
内藤廣さん設計の安曇野ちひろ美術館へ。
この建物は私が独立したての、時間がたくさんあったころにも
一人で見学に来たことがありました。

内藤さんの建築は比較的シンプルな構成で
とにかく構造が美しいです。
今回再訪できてよかった・・・。

ちひろ美術館の敷地内に、いわさきちひろさんが創作活動を行った
黒姫山荘が復元されています。
黒姫山荘は吉村順三のお弟子さんの奥村まことさん。
かわいらしいたたずまいでした。

 

 

 

 

このページのトップへ