ブログ

新しい現場の準備

春からいくつかの現場がはじまります。

まずはbunchハウスの現場です。

3月の着工に向けて、
相羽建設の橋詰監督と現地で配置や高さの確認を行いました。
橋詰監督はレイヤードハウスに引き続き担当していただけて
嬉しいです!

現場の進捗は今後お伝えしていきたいと思います。

もう1軒はsanpoハウス
建て主さんと一緒に、キッチンカウンターに使う石材を確認に行きました。

訪れたのは「関ケ原石材」さんのStone Galleryです。
この日関ケ原は雪でした。

広い建物の中には約140種類の大判の石材が並べられています。
ギャラリーの様子は以下のサイトをご覧ください。

関ヶ原石材

もともと建て主さんがサンプルを見て石の候補を決めていましたが、
「何億年も前の地層から採られた石なんですよ」との説明を伺いながら、
さまざまな表情の石材をみていると、本当に飽きないです。

候補に考えてきた石は実物も本当に素敵で、
色合いが柔らかで、家具や床に使う木部との相性も良さそうでした!

このページのトップへ