ブログ

家の佇まいと奥行き感

先週末開催させていただいたHidamariハウスの見学会で、

何人かの方に、アプローチ部分や、通りから見たときの感じがいい!

といっていただけました。

私は設計作業を行う時、内部のプランを考えながら、

通りから見た家の佇まいを大事にしたいと思っています。

できれば設計した家ができたことで、

周囲の街並みが良くなったと、周辺の方にも感じてもらいたい・・・。

ではどうやったらそんな環境が作り出せるのでしょうか?

私も毎回試行錯誤の連続ですが、

一つは通りと建物の間のスペースに、奥行き感を持たせるだと思っています。

具体的には・・・

奥行き感を感じる場合   通り→植栽→板塀→植栽→庇のあるデッキスペース→窓

奥行き感を感じない場合  通り→コンクリート舗装の駐車スペース→窓

という感じです。

  

  

通勤の時や散歩するときに、今度是非観察してみて下さい。

「なんかいい佇まいだなあ」と感じる家は、

きっと奥行き感が演出されていると思いますよ。

 

 

このページのトップへ