ブログ

パン屋の手紙 JINのパン

週末にkotaハウスの打ち合わせを行いました。

仕上げ材や設備についていろいろと
建て主さんご夫婦とお話をしました。

その時にお土産に持ってきていただいたのが
Boulangerie JINのパンでした。

Boulangerie JINは北海道の真狩村にあるパン屋さんですが、
建物の設計を建築家の中村好文さんが手掛けられました。
そして設計依頼から完成までの顛末が「パン屋の手紙」という本にまとめられています。
「パン屋の手紙」では、手紙のやり取りを紹介するかたちで
計画が進んでいく様子が綴られていて、とても印象深い本でした。

中村好文さん好きで、パン好きの私のテンションが上がったのは言うまでもありません。
(さらに前日のSOYOハウスの打ち合わせでは、
美味しいコーヒー豆もいただいていたので・・・)

パンは薪の窯で焼かれているそうです。
ご夫婦の真狩村での旅の話を伺って、
そんなストーリーも感じながら
北海道からはるばる運んでいただいたパンの味は格別でした!

このページのトップへ