ブログ

のきばハウス現場 こだわりのスギ、ヒノキ

のきばハウスの現場です。

左官職人さんもマスクをしての作業。
体を動かすので大変かと思います。

これまでボード張りだったところに左官が施されることで、
壁に陰影のグラデーションが生まれて、
魅力的な空間が浮かび上がってくる感じがします。

浦野さん、奥さんと収納のイメージを膨らませ
棚板の枚数などを確認中。
「足りなければ住みながらつくればいいね。」
と気軽に考えられるのは、大工さんの特権?!ですね(笑)。

2階廊下の柵を兼ねた本棚は、ちょうどコミック本が
ずらっと並べられるサイズです。
無垢の杉板でつくっています。

いつもはナラ材で作ってもらう八角形断面の手すりも、
今回は浦野さんのこだわりでヒノキ材です。

完成までもう少しです!

このページのトップへ