ブログ

こみちハウス地盤調査 concaveハウス木構造確認

今日は現場の梯子でした。

強い日差しの中を自転車で移動。

たっぷり日焼けしてしまいました。

最近少し運動不足気味なので
汗をかいて気持ちよかったです。

まずはこみちハウスの地盤調査立ち合いでした。
こみちハウスは1階RC造、2,3階木造の3階建て。
通常の木造2階建てより荷重が重くなることもあり、
スウェーデンサウンディング式試験と
ボーリング試験の併用で行いました。

今回調査をお願いしたのは、
立川にあるシマ地質さん。
周辺地盤情報などから調査方法も提案していただけるので
心強いです。

そして自転車で片道約15km移動して
concaveハウスの現場へ。

壁下地のモイスが張られて、
窓のイメージが感じられるところまで
進んできました。
写真は1階玄関の木製建具が入る窓です。

2階のホールはギャラリーとして
作品が飾れるようにします。
北側のトップライトから
少し自然光を取り込んでいます。

ここは2階の吹き抜け・・・
といっても仮の床を置いているので
わかりませんね。
ここの吹き抜けを通して、
各個室やダイニング、ホールなどが
つながります。

今日はH&A構造研究所の東條さんにも立ち会ってもらって
木構造、金物の確認を行いました。
構造の専門家に確認してもらえると
やはり安心ですね。

このページのトップへ