ブログ

レイヤードハウス 現場です。

レイヤードハウスの現場です。
順調に進んでいます。

外壁下地のモルタルが施工されています。
この上に仕上げが施されていきます。

玄関ポーチの軒天は杉板張りです。
斜めの袖壁が効いてきそうで、
足場が外れて、通りからの様子がどのようになるか
楽しみです。

内部は建具枠が設置されました。
ここは個室の木製ガラリ戸の枠です。

いつもお世話になっている建具屋さんが
採寸に来ていました。
建具の詳細について確認し、
また抽斗や、扉の金物について、
いろいろと教えていただきました。
施工のしやすさや耐久性など、
建具屋さんだからこそわかる話を聴かせていただけて
とても参考になります。

これから内部のボード張り、家具設置と進みます。
現場を訪れるたびに、住空間に近づいていくことが感じられます!

大菩薩嶺 絶景でした!

最近はまり気味の山歩き。
三頭山
信景山~陣馬山
筑波山
につづきこの秋4か所目です。
全てハイキングレベルですが(笑)。

妻の知り合いと、concaveハウスを作ってくれた柳原棟梁おすすめの
大菩薩嶺へ行きました。
日本百名山の一つでもあります。
中央高速を走り、勝沼インターで降りて上日川峠まで車で行きました。
スタート地点がすでに標高1,585mですので、大菩薩嶺頂上の2,057mまでの道のりは
体力に自信がなくても大丈夫です。

1時間程度林の中を歩きますが、
尾根に出るとこのような絶景が続きます!
富士山、南アルプス連峰、甲府盆地が一望です。

尾根沿いの道にはあまり木が生えていないので
天候によっては風対策が必要ですね。

この日は少し雲がありましたが、それもまた風情がありました。

往復4時間~5時間程度で十分歩けます。

平日は空いてていいですね。

そして帰りのお楽しみ。
勝沼といえば・・・

ワイナリーですね!
原茂ワインの建物がとても素敵です。

ジャケ買いならぬラベル買い(笑)です。

そとの間ハウス 工事着工

小さなリフォームの計画
そとの間ハウスの現場がはじまりました。

施工は相羽建設さん。
加工場でカットされた作り付け家具の材料が
トラックで運ばれてきました。

大工さんは高橋さん。
高橋大工は益子大工と一緒に
カヅノキハウスを作ってくれた大工さんです。

久しぶりにご一緒できて嬉しいです!

これまで1階を寝室に使っていた建て主さんご家族ですが、
工事期間中は2階で就寝することになります。

お話を伺うと、リフォーム後の荷物や家具の置き場を考えたり、
2階でご家族で寝ることにわくわくしたり、
リフォーム工事を楽しまれている様子でした!

ろじにわハウス お引き渡し

現場管理を進めていた、ろじにわハウスが完成しました。

施工:相羽建設
外構植栽:ワイルドグリーン

週末に開催させていただいた見学会は、
1時間2組の予約制で行いました。
ほぼ満席の26組の方に見ていただくことができました。

時間を区切っての予約制でなかったころの見学会に比べて、
1組1組の方と密度濃くお話しすることができた印象です。

時間を区切った方法だと、初めての方たちともたくさん
お話しできるところが良いと感じました。

人に説明することで、この建物に対する考え方が整理されたり、
参加者の方からの質問や感想から気づかされることがたくさんありました。

写真のサボテンを飾っているスペースは、
ひな人形を飾ることができるスペースを作って欲しいという
建て主さん家族からのご要望からできたものです。
最初の提案には盛り込んでいなかったので、
なかなか良い場所が見つからなかったのですが、
あるとき階段室の上部スペースを利用した大きなニッチ棚にすることを思いつきました。

参加者の何人かの方が、
「この飾り棚がとても効いてますね!」
「この空間の拠り所になるようなスペースですね。」
との感想をいただきました。

建て主さんの要望から、思わぬ魅力が生まれてくるのは
とても嬉しいことで、設計者としても発見があります。

凹凸のあるプランは、奥行き感がでるところが魅力です。
また家族がお互い見え隠れするかたちになって
その時の気分に沿った距離感をつくることができます。

最近、しまだ設計室で取り入れることが多い、
ほぼ正方形ソファです。
背中がしっかりと壁になっているので、
こもり感があって落ち着きます。

建設工事に様々なハードルがあるときですが、
無事お引き渡しでき良かったです!
相羽建設の方たちに本当に感謝です。

設計者にはいろいろなタイプがあるかと思いますが、
しまだ設計室は、建て主さんとの対話の中で刺激を受けて
より魅力的な場をつくっていくタイプだと改めて感じました。

建て主さんには、見学会の貴重な機会を与えていただき
感謝しています。
これから引越しをされて、暮らしがはじまって
ふと気が付けば
「自分たちの家だな!」としっくりくる日が来ると思います。
そんな日が楽しみですね。

 

 

 

 

うつろいハウスのバラ

うつろいハウスの建て主Nさんから
「庭のバラが咲いたので、遊びに来ませんか?」
とお誘いいただき、お邪魔してきました。

うつろいハウスは敷地の南側が道路なので
道路から玄関までのアプローチの庭が楽しめます。
そこにNさんがバラをはじめ、足元にもたくさん花を植えて
素敵な空間を作っています。

きれいですね!

バラは本当にたくさんの種類があるので、
お店の人に聞いたり、本で調べたりして
いろいろ研究しているようです。

うちの妻もバラに挑戦したいとのことで、
お勧めの本や、いろいろとアドバイスもいただきました!

ご主人がかけてくれる
アナログレコードに耳を傾けながら
心地よい時間をすごさせていただきました。

Nさんはしまだ設計室の完成見学会にはいつも来てくれるので、
率直な感想も聞かせてくれて、とても参考になります。
そして何よりも、自宅が完成した後も興味を持っていただけて嬉しいです!

さて、私もカヅノキハウスでバラに挑戦かな?!

このページのトップへ