ブログ

subakoハウスも春です

3月に撮影を予定していたsubakoハウス。

大事をとって撮影は延期となりましたが、
住まい手のTさんから写真が届きました。

お家の窓から花見ができます!

撮影はさくらのシーズンに合わせていたので
少し残念でしたが、
嬉しい写真を送っていただきました!

Tさんありがとうございました。

撮影の目途はたっていませんが、
写真ができましたら、またブログで紹介したいと思います。

カヅノキハウスの春

落ち着かない時が続きますが、
植物たちはかわらず日々変化していますね。

カヅノキハウスの庭で、春にまず花をつけるのがトキワマンサクです。


マンサクの名前の由来は
春に「まず咲く」からマンサクになったとか、
花がたくさん咲くので「万年豊作」からマンサクになったなど
所説あるようです。

我が家のシンボルツリー
カツラの木も葉をつけ始めました。

カツラの葉はハート形をしています。

これからモッコウバラやコデマリ、ヤマブキ、エゴノキと
いろいろと花をつけていきます。

こんな時だからこそ、身近な自然を楽しみたいですね。

送別会

落ち着かない日々が続きますね。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。

今日から4月ですが、
3月いっぱいで、2年間しまだ設計室で働いてくれた
松井くんが退所することになりました。

当時しまだ設計室では特にスタッフの募集はしていなかったのですが
松井くんが突然手紙をくれて、しまだ設計室に来ることになりました。

松井くんは大学を卒業したばかりの新卒だったので、
「仕事を教えるのが大変かな」という思いと
「新卒でうちみたいな小さな事務所に来るより
もっと大きなところで先輩たちにもまれた方がいいんじゃないかな」
という二つの思いがありました。

そんな経緯から2年程度を目途に
働いてもらうことになりました。

最初は図面の手伝いや模型作りをお願いしていましたが、
やる気と集中力があって、「助かるなあ!」と
早い段階から感じました。
最近は実施設計の詳細図も描けるようになってきていました。

一方でユニークな面もあり、
ハロウィンではサプライズで仮装してきたり、
食べたチョコレートの箱を机の上に並べていたり(笑)

松井くんがいなくなると大変かな・・・という思いもありながら
話し合って2年間で区切りをつけるかたちとなりました。

本当は送別会として、国分寺の焼き鳥屋さんとイタリアンをはしごする計画でしたが、
今の状況を考えて、急遽事務所で島田家の晩御飯での送別会となりました!

これまでのことやこれからのこと・・・
呑みながらたくさん話をしました。

余談ですが1つびっくりしたエピソード。

送別会当日なにげなく松井くんの方を見ると
どこかで見たことのある手帳が・・・。
よく見ると私が新年度から使おうと購入していた手帳と同じものでした!

なんと色まで一緒です(笑)!
恐るべき偶然です。
「こんなに趣味が一致するんだから、やっぱりやめない方がいいのかな・・・。」
と冗談をいいながらパチリ。

松井くんがしまだ設計室で学べることは
十分に学んだと思います。
これからもっと広い世界で格闘して、活躍することを祈っています!

kotaハウス クリーニング

kotaハウス

のきばハウスに続き、
こちらも外構工事がはじまります。

またまたワイルドグリーンの高瀬さん。
2016年にだんの間ハウスの建て主のMさんに紹介いただいてから
数えてみると13件目のお願いになります!

今回もどんな世界をつくり上げるか・・・楽しみです。

内部はクリーニング中。

完成間近の追い込みです!

のきばハウス 外構工事

のきばハウスは外構工事がほぼ完成しました。

施工は毎度お世話になっている
ワイルドグリーンの高瀬さんです。
ただの空いたスペースだったところが、
石や植栽を施すことで小さいですが
別世界が広がる感じです。

土間には薪ストーブ背面のレンガの壁もできています。

建て主で棟梁の浦野さんが設置を考えた伝声管。
スチール部分を制作したのは
HANYU METAL WORKSの羽生さん。
伝声管以外にも今回照明もいくつか手掛けているので
後日紹介したいと思います。

横から見るとこんな感じ。
VP管でキッチンから2階のワークスペース、ロフトにつながっています。

のきばハウス。
いろんな質感を楽しむことができる
お家になりそうです!

このページのトップへ