ブログ

grunハウス 1年点検

grunハウスの1年点検に立ち会いました。

grunハウスを施工した丸清の清水さんが
建具の建付けや床下の状態、外壁の状態など細かく
点検してくれました。

Kさんご夫婦はとても素敵に暮らされていて、
この1年間の様子もいろいろと伺うことができました。

建物が完成してお引き渡しの時も嬉しいですが、
実際に暮らしがはじまった後で
「とても快適に過ごしています!」
という感想をいただけると
設計者として本当の安堵と喜びが感じられます!

アプローチの植栽もとてもいい感じに手入れしていただいています。
きっと通りすがりの方たちにも
喜ばれているのではないかな・・・と思いました!

Sans couture ハウス 配筋検査

Sans couture ハウス 配筋検査を行いました

いつも通りH&A構造研究所の東條さんにも見ていただきました。
「きれいに配筋されていますね。」と
修正事項もなく合格でした。

これからコンクリート打設、上棟と進んでいきます!

bunchハウス 断熱材施工

bunchハウスの現場です。
外部はガルバリウム鋼板の屋根工事、
内部は断熱材工事が進んでいます。

屋根の断熱はセルロースファイバーです。
シートを張って穴をあけ、
新聞紙のリサイクル材が原料のセルロースファイバーを吹き込んでいきます。
厚さは200㎜。
小学生の時に体育館にあったマットのように
パンパンになるまで吹き込みます。

壁は高性能グラウスール24KG 厚みは120㎜です。
この後気密シートを張っていきます。

これから現場も暑くなってきますが、
断熱材が施工されるとかなり暑さが軽減されます。

徳武棟梁は床を張ったり

サッシ枠やスクリーンボックスを設置しています。

定例打合せに建て主さんも来ましたが、
いろいろな職人さんが作業している様子、
来るたびに家ができていく様子を
楽しまれています!

gu pa ハウス 配筋検査

gu pa ハウスの配筋検査を行いました。

いつも通り構造設計をお願いしている
H&A構造研究所の東條さんにも見てもらいました。

施工は丸清さん。

とてもきれいに、そして図面通りに施工されていることを
確認しました。

この春はもう二つ現場がはじまります。

これからは現場まわりの日々が続きます!

春の庭

ぼっこハウスの植栽工事が行われました。

隣家との間に木ルーバー塀をつくり
木デッキとの間に植栽を施しています。
植栽工事はSORRA造園設計事務所さんです。

天気の良い日にはデッキの上で、
緑や光を感じながら「ひなたぼっこ」できます。
ご家族でいろいろと楽しみを見つけてすごされることと思います!

梅雨も近いような天気が続きますが
カエデハウスとうつろいハウスの建て主さんから
「バラがきれいなので見に来てください!」
とお誘いを受けました。

カエデハウスの建て主さんは木ルーバー塀にミニバラを這わせています。
丁度満開でした!

淡いピンクの花ですが一色ではなく、
薄いものから少し濃い色のものが混在して咲いていて
本当に見ていて飽きない素敵さでした!

うつろいハウスはアプローチ沿いにバラをはじめ
様々なお花が育てられていました。

支柱やオベリスクなどを使って、
バラをきれいに仕立てています。
様々なお花が奥行き感を演出していて
本当に素敵なアプローチになっていました!

足元の草花もとてもきれいに手入れされていて
庭への愛情が伝わってきました。

このページのトップへ