ブログ

男三人 箱根旅行

先日大阪の兄に誘われて
父と兄と私の男三人で箱根で1泊しました。

父と兄は新幹線で小田原まで来て
その後は私の車での旅でした。

一度行ってみたかった富士屋ホテルで昼食。
明治時代創業クラシックホテルの濃い雰囲気が楽しかったです。

この後は芦ノ湖にドライブに行ったり
温泉につかったり、お酒もたくさん呑んで・・・
いろいろ話をしました。

部屋に小さな露天風呂もありました。

そして翌朝・・・
なんとか二日酔いも大丈夫そうだったので
車からランニングシューズを取り出して
いざ箱根路へ・・・。

嬉しがって箱根駅伝のコースをランニング。
5km登って「限界だあ!」と折り返して
5km下って帰って来ました。
山の神のすごさを体で感じてきました(笑)。
ほぼ歩くようなペースでしたが・・・。

二日目は大涌谷から箱根彫刻の森美術館へと
観光の王道コース。
と言いながら、彫刻の森美術館ははじめてでした。

ユニークな

彫刻も

あって

結構楽しみました!

うつろいハウス 建具採寸

うつろいハウス現場です。

今日は建具屋さんが
外部木製建具枠の寸法を測りに来ました。

もちろん図面にも建具の寸法は書いていますが、
現場で実際に大工さんがつくった枠の寸法を建具屋さんが測って、
その寸法に合わせて制作していきます。

こういった作業に立ち会うと、
アルミサッシと比べると木製建具は
どうしてもコストがかかってしまうことがわかります・・・。

その他現場は階段が施工されてきました。
写真は光の間のロフトにつながる階段です。
この階段、ちょこちょこと工夫している部分があるので
完成をご期待下さい!

秋山棟梁は内部の建具枠を加工中でした。
いろいろと細かなアドバイスもいただいて、
図面から、よりいい納まりになって行きます。

domadeハウス 造園工事打ち合わせ

先日domadeハウスの造園工事について
現場打ち合わせを行いました。

計画地に模型を持って行き、
建主のNさんご夫婦にもお話をききながら、
進めていきます。

造園工事はワイルドグリーンの高瀬さん。
だんの間ハウスの建主さんに紹介していただいてから
ヘッジロウハウス、cestaハウス、空に月ハウス
でお世話になっています。
現在工事中のうつろいハウスもお願いする予定です!

「うーん、難しいなー」
といながら、いつも素敵なアイデアと施工で
建物の佇まいをぐっと良くしてくれます。

ワイルドグリーンさんHP
http://wildgreen.jp/index.html

domadeハウスは10月末頃着工予定です。

家族スペースのやわらかな仕切り(なるほどディテール。3章-08)

「なるほどディテール。」より、2か月ぶりの投稿です。

今回は家族のスペースについて。

リビングでリラックススペースとして
ソファを置くケースは多いと思います。
ただ部屋の真ん中に大きなソファがあると
邪魔になってしまうこともあります。

Bulatハウスでは、
リビング部分の床レベルを300㎜低くして、
その段差部分に背もたれのクッションを設え、
ソファいらずのリラックススペースをつくりました。

このように床面から1段掘り込んだスペースをラウンジピットと呼びます。
ここではテレビと本棚、そしてペレットストーブを配置して、
少しこもり感のあるスペースとしました。

「読んで楽しい家づくりの なるほどディテール。」オーム社
では、図面やスケッチをもちいて、詳しく解説しています。
共著者の徳田英和さんのアイデアもいろいろ面白いものがありますよ!
是非お手に取って見て下さい!

猫君の居場所・・・。

うつろいハウス現場です。

内部の建具枠工事、床張り工事が進んでいます。

光の間のFIX高窓です。
窓の下枠を大きくして、
猫君たちが日向ぼっこをしながら
外を眺められる特等席を設えています。

うつろいハウスの建て主さんは
家の中で猫君を飼っているので、
家の中にいても猫君たちが外が感じられるような
スペースをつくりたいというリクエストでした。

ここは猫君がジャンプしても届かない(と考えられる)
高さですが、棚板やロールスクリーンボックスをつたっていくと
ここにたどり着けます。

無垢の杉板フローリングも張られています!

 

このページのトップへ